蜉蝣 (バンド)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
蜉蝣
出身地 日本の旗 日本 東京都
ジャンル ロック[1]
ハードロック[1]
オルタナティヴ・ロック
ヘヴィメタル
オルタナティヴ・メタル
活動期間 1999年 - 2007年2011年
レーベル Lizard(1999年 - 2007年)
事務所 フリーウィル(1999年 - 2007年)
公式サイト 公式ウェブサイト
メンバー 大佑ヴォーカル
ユアナ(ギター
kazu(ベース
静海(ドラムス
旧メンバー MASAYA(ベース)
喰耶(ベース)

蜉蝣(かげろう)は、日本ヴィジュアル系ロックバンド。所属事務所はフリーウィル、所属レーベルはLizard。

概要[編集]

1999年9月結成[2]。2007年1月、Zepp Tokyoでのワンマンライブを以て解散。インディーズバンドであるが、会場限定販売のデモ・テープや限定盤を完売させるなど、シーンでの認知度は高く[2]、2005年にはシングル「腐った海で溺れかけている僕を救ってくれた君」が、オリコンメジャーチャートで21位を獲得した。

メンバー全員が作曲しており、アルバムなどでは各メンバーの曲が収録されていた。音楽性はハードロックを基調とした重い曲から、アコースティック調のバラードまで幅広い。作詞はほぼ大佑が行っているが、本人曰く「恋愛を基調とした」バラードや後ろ向きな気持ちを歌ったものから、エロスやエログロをテーマとしたものまでこれもまた幅広く手掛ける。

バンド名のテーマは「儚さ」。これはボーカルの大佑が抱える心臓疾患からきている。

主なローディとして、baroquekannivalismSCREWの鋲、girugämeshの愁がいる。

2006年、アルバム「黒旗」のリリース以降バンド活動をどうするかを話し合った際、「蜉蝣としての活動が完全に煮詰まった」と判断したメンバー全員の意見により、翌年1月を以て解散となった[3]

解散後もメンバーの仲が途切れたわけではなく、大佑は「タイミングが合えば蜉蝣の復活もあり得る」と語っていた。しかし、その大佑が2010年7月15日に急逝[3]。翌年に新木場STUDIO COASTで行われた大佑の一周忌追悼公演「漆黒の光」では、ユアナ、kazu、静海が蜉蝣としてステージに立ち演奏した[4]

メンバー[編集]

  • Vocal: 大佑(だいすけ、1978年7月30日 - 2010年7月15日[3])
    • 東京都出身、A型。
    • Fatimaのドラムを経てDIR EN GREYの京の助言でヴォーカリストに転向、蜉蝣を結成する。 解散後、deadmanのギタリストaieらと共にthe studsを結成。2010年4月からはソロ活動をスタート。2010年7月15日逝去[3][4]
  • Guitars: ユアナ(1978年3月21日 - )
  • Bass: kazu(かず、1976年11月18日 - )
    • 東京都出身、B型。
    • 解散後、フリーとなる。大佑のソロプロジェクト「大佑と黒の隠者達」でサポートを担当。元the studsのyukinoと響と共にdim my divisionを結成。
  • Drums: 静海(しずみ、1978年7月12日 - )
    • 東京都出身[5]、O型。
    • 日本大学芸術学部音楽学科・作曲理論コース卒業[5]
    • 解散後、引退。ドラム教室「静海塾」を主催し音楽講師として活動[5]

旧メンバー[編集]

  • Bass: MASAYA(まさや)
大佑と供に蜉蝣を結成した初期メンバー。蜉蝣を脱退後、Kar'MariAというバンドで活動するが、後に引退。
  • Bass: 喰耶(くや)
脱退後はk@mikazeの新汰とDAS:VASSERの響兵とで、GUICHE(ギーシュ)と言うバンドを作るが、半年で活動休止する。

ディスコグラフィ[編集]

デモテープ[編集]

  1. biological slicer
  2. 美容整形医師の趣味2000年4月21日
    • 1000本限定発売

シングル[編集]

  1. biological slicer(2000年4月4日
    • 3000枚限定販売。
  2. 発狂逆立ちオナニスト2001年6月27日
    • 初回限定5000枚、銀色ジャケ仕様。
  3. 自家製フルコース(2001年7月18日
    • 豪華版初回盤あり。
  4. 色メガネとスキャンダル2002年1月9日
    • 初回限定10000枚。
  5. 水浸しの数え唄(2002年7月10日
  6. 火炙りの数え唄(2002年7月10日)
  7. 過去形真実(2003年5月7日)- オリコンメジャーチャート初登場40位
  8. XII dizzy2004年1月28日)- オリコンメジャーチャート初登場55位
  9. 白い鴉(2004年12月8日)- オリコンメジャーチャート初登場52位
  10. 黒髪のアイツ(2004年12月8日)- オリコンメジャーチャート初登場53位
    • 「白い鴉」「黒髪のアイツ」2枚同時リリース。
  11. 絶望にサヨナラ2005年3月23日)- オリコンメジャーチャート初登場55位
  12. 腐った海で溺れかけている僕を救ってくれた君(2005年11月30日)- オリコンインディーズチャート初登場1位 メジャーチャート21位
  13. となり町の彼女2006年6月14日)- オリコンメジャーチャート初登場59位

配布/会場限定[編集]

  • 衝撃的映像集(2002年2月3日
    • 「北風小僧の末期症状2002」赤坂ブリッツにて配布。
  • 蜉蝣辞典(2002年5月4日
    • “春のホールツアー「全席指定」” 東京メルパルクホールにて配布。
  • 叫び(2003年2月28日4月7日
    • 期間限定発売。
  • サクラクラクラ(2004年2月10日4月5日
    • tour 04「XII dizzy」会場限定販売。
  • XII dizzy(2004年4月5日)
    • tour 04「XII dizzy」渋谷AXにて配布。
  • 白黒の魔術師(2005年1月15日)
    • '04~'05ツアー「白黒の魔術師」HOLIDAY SHIBAURAにて配布。
  • 落首炎上最終公演(2005年3月24日
    • 「落首炎上最終公演」渋谷公会堂にて配布。
  • 螺旋首/憎しみの独り芝居(2005年8月26日
    • 蜉蝣 tour 2005「黒旗」東京厚生年金会館にて配布。

アルバム[編集]

  1. 蜉蝣(2003年7月30日)- オリコンメジャーチャート初登場63位
  2. 落首(2004年8月18日)- オリコンメジャーチャート初登場56位
  3. 愚弄色(2005年7月27日)- オリコンメジャーチャート初登場49位
  4. 黒旗(2006年7月19日) - オリコンメジャーチャート初登場69位
  5. 心中歌(2006年12月27日)- オリコンメジャーチャート初登場104位
    • 2枚組ベストアルバム。

参加オムニバス[編集]

  • 0718(2000年7月18日)
    • 配布。
  • 革命~Voice of Rebirth~(2000年8月30日
    • 5000枚限定発売。
    • 収録曲「妄想地下室」
  • LOOP OF LIFE(2001年2月20日
    • 5000枚限定発売。
    • 収録曲「鬼畜モラリズム」
  • Shock Edge 2001(2001年9月29日
    • 5000枚限定発売。
    • 収録曲「覚醒ゼリー」
  • Japanesque Rock Collectionz(2002年7月28日
    • 収録曲「迷走本能」

DVD・VHS[編集]

  1. 蜉蝣のビデオクリップ(2002年9月25日
    • DVD:特典映像として「リストカッター」収録
    • VHS:5000本限定/初の写真集「隆明」封入
  2. 絶叫サイコパス2004年1月28日
    • DVD:初回特殊仕様/特典映像としてPV「過去形真実」収録
    • VHS:数量限定生産/特典映像として楽屋映像等を収録
  3. 落首炎上最終公演2005年6月29日
  4. Tour '07 蜉蝣FINAL <蜉蝣Last Live>蜉蝣最終公演2007年3月24日

出典[編集]

  1. ^ a b Kagerou reviews, music, news - sputnikmusic・2015年3月30日閲覧。
  2. ^ a b 蜉蝣 プロフィール”. CDJournal. 2015年8月8日閲覧。
  3. ^ a b c d V系バンド蜉蝣の元メンバー・大佑さんが死去”. ORICON (2010年7月6日). 2015年8月8日閲覧。
  4. ^ a b 大佑一周忌追悼公演「漆黒の光」”. daisuke-official.com. 2015年8月8日閲覧。
  5. ^ a b c 静海 (ドラム)”. ドラム教室「静海塾」. 2015年8月8日閲覧。

外部リンク[編集]