蜂谷道彦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

蜂谷 道彦(はちや みちひこ、1903年 - 1980年4月13日)は、日本の医学者内科医師である。1945年の広島市への原子爆弾投下で被爆しながらも、広島逓信病院院長として被爆者の治療と原爆症の研究を行い、その苦闘の記録は『ヒロシマ日記』として各国で出版された。

経歴[編集]

蜂谷が勤務した広島逓信病院旧棟。現在は広島逓信病院旧外来棟被爆資料室として公開している。

1903年、岡山県に生まれる。(旧制)岡山県立矢掛中学校(旧制)第六高等学校を経て1929年に岡山医科大学岡山大学医学部の前身)を卒業する。その後、同大学の稲田内科にて研究を行い、1938年に学位を取得した。そして1942年には広島逓信病院の院長に就任し[1]、これが以降の彼の後半生を大きく変えるきっかけとなった。

1945年8月6日、広島市への原子爆弾投下に際し、蜂谷は逓信病院近くにあった自宅にいて被爆し、太腿を中心に木材・ガラスなどの破片が刺さるなどの大怪我を負い30近い傷の縫合を受けた。8月11日、怪我から回復した蜂谷は院内回診を始め、患者の病床録作りを医師に指示した。その結果、患者の白血球が減少していることを突き止め、爆心からの距離、被爆位置と白血球数の関係を地図にして発表した。

院長としての原爆投下直後の56日間の記録は1955年ヒロシマ日記』として日本を含む世界18カ国で出版された。『ヒロシマ日記』の印税は被爆孤児らに奨学金を贈る広島有隣奨学会の設立に使われた。蜂谷は1966年8月15日に広島逓信病院院長を辞職、郷里の岡山県に帰って晴耕雨読の生活に入っていたが、1980年4月13日に死去した[2]

著書・論文など[編集]

出典[編集]

関連項目[編集]