蜂屋邦夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
蜂屋 邦夫
人物情報
生誕 (1938-11-17) 1938年11月17日
日本の旗 日本東京都
出身校 東京大学
学問
研究分野 中国思想・思想史
研究機関 東京大学
テンプレートを表示

蜂屋 邦夫(はちや くにお、1938年11月17日 - )は、中国思想史の研究者、東京大学名誉教授。老荘思想道教が専門。

経歴[編集]

東京出身[1]。1963年東京大学教養学部教養学科アメリカ分科卒業、1968年同大学院人文科学研究科比較文学比較文化専門課程博士課程単位取得満期退学、東京大学東洋文化研究所助手、1974年助教授、1987年教授、1999年定年退官、名誉教授、大東文化大学外国語学部教授。2009年退職。

1993年 東京大学 文学博士 論文の題は「金代道教の研究 -王重陽と馬丹陽 」[2]

著書[編集]

共編著[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『読売年鑑 2016年版』(読売新聞東京本社、2016年)p.337
  2. ^ 博士論文書誌データベース