蛸と海女

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
この項目に含まれる文字は、オペレーティングシステムブラウザなどの環境により表示が異なります。
『蛸と海女』(部分)

蛸と海女』(たことあま)は、葛飾北斎による1820年頃の艶本喜能会之故真通』(きのえのこまつ)の中の木版画の一枚。この絵では一人の女性が2匹のタコから性的快楽を受けている。小蛸の方からは口吸い(接吻)を受け、大蛸は彼女にクンニリングスしている。

なお、先行する類似作品として、北尾重政の艶本『謡曲色番組』や勝川春潮の艶本『艶本千夜多女志』などが知られており、北斎がこれらを参考にした可能性が考えられる。

台詞[編集]

大蛸:

いつぞハいつぞハと、ねらい(狙い)すましてゐたかい(甲斐)があつて、けう(今日)といふけう、とうとう、とら(捕ら)まへたア。ても(でも)、むつくりとしたいいぼぼた(だ)。いも(芋)よりハ、なを(尚)、こうぶつ(好物)だ。サアサア、すつて(吸って)すつて、すいつくし(吸い尽くし)て、たんのふ(堪能)させてから、いつそ、りうぐう(竜宮)へつれていつて(連れて行って)、かこつて(囲って)おこうか。

『蛸と海女』
女:

ズウツズツズツニ、チユツチユチユツ、ズウツズウツ、フゝゝゝウ。アレ、にくい(憎い)たこ(蛸)だのう。うフゝゝゝ。ヱゝ、いつそ(いっそ)、アレアレ、おく(奥)の、フゝゝゝ、こつぼ(子壷)のくち(口)をすハれる(吸われる)ので、いき(息)がはづんで(弾んで)、アゝヱゝモ。イツク(一句)、『それなア、いぼ(疣)で、ヱゝフウフウ、いぼで、ヱゝフウフウ』。そら、われ(我)をいろいろと、ヲゝヲゝアレアレ、こりやアどうするのだ。アゝヨウヲゝヲゝヲゝホヲゝ、アゝレヱヲゝヲゝ、いゝいゝ、ヲゝいゝいゝいゝ。ハアゝ、アゝいゝいゝ、ハアいゝ、フゝゝゝウ、フゝゝゝウ、まただヨウヨウ。いままで、わたし(私)をば、人が、アア、フゝゝゝウゝウゝウゝ、たこ(蛸)だ、たこだといった(言った)がの、ヲゝフゝウゝウゝ、どふして(どうして)どふして、ヱゝヱゝ、この、ヲゝ、ヨヨヨウ、サアデウヱハ(さては)、アゝアゝアゝ、ズウズウズウ、ひちやひちや、ぐちやぐちや、じゆつちうちゆちゆちゆ、ぐうぐう、ズウズウ。なんと、八ほん(本)のあし(足)のからミ(絡み)あんばい(塩梅)ハ、どふだ(どうだ)どふだ。あれあれ、中がふくれあがつて(膨れ上がって)、アゝアゝ、ゆ(湯)のやうな(ような)ゐんすい(淫水)、ぬらぬらぬら、どくどくどく。 ヱゝ、モゝウ、くすぐつたく(くすぐったく)なって、ぞつぞつと、こし(腰)におぼへ(覚え)がなくなって、フゝゝゝウ、フゝゝゝウ。きり(切り)もさかい(境)もなくの、ヲゝヲゝヲゝ、いきつづけ(行き続け)だアな。アゝアゝアゝ、アレアレ、ソレソレ、ウゝゝくゝゝ、フンムフウム、ウゝウゝ、いゝヨいゝヨ。

小蛸:

おやかた(親方)がしまふ(しまう)と、また、おれがこのいぼで、さねがしら(核頭)からけつのあな(けつの穴)まで、こすつてこすつて、き(気)をやらせた(遣らせた)うへ(上)で、また、すいだして(吸い出して)やるにヨ、チウチウ。

模倣[編集]

その印象深さから何人もの芸術家により模倣されている:

17世紀より、類似したテーマの海洋生物と女性が性行為に及ぶ題材で、多くの根付が彫られている。また現代においても、触手責めという呼称でポルノファンに好まれるアニメ漫画でのシチュエーションのひとつとして認識されている。

脚注[編集]

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

鈴木堅弘、『日本研究』 第38集、2008年9月30日、国際日本文化研究センター(日文研リポジトリ)