蛯名信広

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

蛯名 信廣(えびな のぶひろ、1952年10月30日 - 2009年4月3日)は、騎手日本中央競馬会)、調教師(日本中央競馬会)。千葉県出身。現在JRA騎手の蛯名正義は遠縁にあたる。

経歴[編集]

1968年3月に中山競馬場成宮明光厩舎所属の騎手候補生となり、1974年3月に中央競馬の騎手としてデビューした(成宮厩舎所属)。1975年から3年間、兄弟子の蛯沢誠治が運転免許不正取得事件に連座(書類送検の上で起訴猶予。逮捕には至らず)して騎乗停止処分を受けた際には、成宮厩舎の主戦騎手を務めていた。

1977年12月、成宮厩舎を離れフリーの騎手となるが、1978年3月には中山競馬場・久保田金造厩舎の所属騎手となる。以降の重賞3勝は、全て久保田厩舎の管理馬で挙げたものである。

1985年3月、久保田厩舎を離れ再びフリーの騎手となる。

1993年2月に調教師試験に合格したことにより、騎手を引退して調教師に転身した。騎手時代の通算成績は284勝(うち重賞6勝)。翌1994年3月に美浦トレーニングセンターに厩舎を開業。

1999年には管理馬のタイキヘラクレスが統一GIダービーグランプリを優勝した。

2009年4月3日調教中管理馬の障害飛越練習時に、胸部を蹴られて死亡した。死因は心肺停止のショック死。調教師が馬に蹴られる事故で死亡したのは中央競馬では初のケースだった[1][2]

成績[編集]

騎手時代[編集]

通算3486戦284勝(重賞6勝)

重賞優勝
その他の主な騎乗馬

調教師時代[編集]

通算2573戦153勝(重賞2勝)

重賞優勝

脚注[編集]

  1. ^ 地方競馬では2004年船橋競馬場所属の調教師であった函館喜弘が同様の事故が原因で死亡している。
  2. ^ 『週刊Gallop 2009年4月12日号』(産業経済新聞社)、163頁。