蛭子嶋神社

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
蛭子嶋神社
Ebisuzimazinzya honden.jpg
所在地 京都府宇治市槇島町石橋28
主祭神 姫大明神
社格 村社
本殿の様式 一間社流造 檜皮葺
別名 蛭子島神社
テンプレートを表示

蛭子嶋神社(えびすじまじんじゃ)は、京都府宇治市槙島町石橋にある神社。かつてこの辺りは宇治川河口に位置していた巨椋池(おぐらいけ)の中洲にあたり「夷島」と呼ばれ、水運や漁撈に従事する人たちが多く居住し、水陸交通の要地として栄え「夷島千軒」と称された。[1][2]

創建[編集]

かつて宇治川が巨椋池に流れ込んでいた地に形成された夷島に鎮座している。社伝では、花山天皇の后が、夷島の正福庵で皇子を出産したといい、后を姫大明神として安産の神としたという。[3]

建築[編集]

社殿は当時の京都の神社建築の特徴であった合理的な建築手法を取り入れ、比較的あっさりした建築表現を持つ。寛永期の派手さから、王朝的世界への復古をめざす芸術的機運に影響されたとも考えられる[4]

現地情報[編集]

所在地

交通アクセス

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 宇治市史6 宇治市役所 昭和56年3月1日発行
  2. ^ 京都大事典 府域編 1994年 P81 淡交社
  3. ^ 宇治市史6 宇治市役所 昭和56年3月1日発行 P390
  4. ^ a b 財団法人京都府文化財保護基金編『京都の社寺建築 南山城編』財団法人京都府文化財保護基金、1979年、p.44

参考文献[編集]

書籍

  • 林屋辰三郎ほか/編 『宇治市史6』宇治市役所、1981年。