蛍橋停留場

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
蛍橋駅から転送)
移動先: 案内検索
蛍橋停留場
東より望む。右は上りホーム
東より望む。右は上りホーム
ほたるばし
Hotarubashi
旭町三丁目 (0.3km)
(0.5km) 鏡川橋
所在地 高知県高知市旭町3丁目
所属事業者 とさでん交通
所属路線 伊野線
キロ程 3.7km(はりまや橋起点)
駅構造 地上駅
ホーム 2面2線
開業年月日 1929年(昭和4年)1月29日
テンプレートを表示

蛍橋停留場(ほたるばしていりゅうじょう)は、高知県高知市旭町3丁目にあるとさでん交通伊野線路面電車停留場

歴史[編集]

蛍橋停留場は1929年(昭和4年)に開業した[1]。伊野線はかつて起点から当停留場までが複線であり、蛍橋は一部の系統が折り返しを行う停留場であったが、1958年(昭和33年)に鏡川橋停留場まで複線区間が伸びると、鏡川橋での折り返しに取って代わっている[2]

構造[編集]

配線概略図

旭町三丁目停留場

uSTRg uSTRf
uSTR uSTR+BSl
uSTR+BSr uSTR
uKRWgl uKRWg+r
uSTR uABZrg uSPLaq uvENDEeq
uSTR uSTR

鏡川橋停留場

蛍橋停留場は伊野線の併用軌道区間にあり、ホームは道路上に設けられている。ホームは2面あり、東西方向に伸びる2本の線路を挟み込むように配される[5]。ただし互いのホーム位置は東西方向にずれており、東に伊野方面へ向かう下りホーム、西にはりまや橋方面へ向かう上りホームが置かれている[5]

停留場の南西(冒頭の画像だと奥に見える歩道橋の左手に相当する)には留置線があり[5]蛍橋車庫[6][7]として2011年(平成23年)12月現在で4両が滞泊を行う[8]。車庫は戦後、それまで上町五丁目停留場の北にあった五丁目車庫に代わって、当時一部系統の折り返し地点であった蛍橋に新設されたものである[6]。複線区間の延長により折り返し地点が鏡川橋停留場に代わっても車庫は存置され、夜間の滞泊に利用されている[6]。停留場の伊野寄りには渡り線があり[5]、入庫時などに使われる。

周辺[編集]

路線バス[編集]

「蛍橋」バス停留所があり、以下の路線が乗り入れる。

乗場 系統 主要経由地 行先 運行会社 備考
  G1 堺町高知駅 高知駅バスセンター とさでん交通
G2 堺町、高知駅前、比島 一宮高知営業所
G5 堺町、高知駅前、比島、一宮高知営業所、医大病院 オフィスパーク第二 土休日運休
G6 堺町、高知駅前、比島、一宮高知営業所、医大病院 領石出張所
G10 堺町、高知駅前、杉井流東 一宮高知営業所
K4 堺町、西高須通、潮見台ターミナル 潮見台三丁目 土休日運休
P2 堺町、中央市場前、十津 種崎
S1 堺町、桟橋通五丁目、横浜、長浜営業所 みませ
S2 堺町、桟橋通五丁目、横浜 長浜営業所
S3 堺町、桟橋通五丁目、横浜、長浜営業所 桂浜
T1 堺町 桟橋車庫 休日運休
T3 堺町、桟橋通五丁目、横浜、横浜ニュータウン 南ニュータウン
  A1 杓田市商 鳥越 とさでん交通 土休日運休
A2 杓田市商前、鳥越 川口 県交北部交通
A3 杓田市商前、鳥越、川口 行川
Y1 朝倉駅前、国立病院 学芸高校 とさでん交通 休日運休
Y2 朝倉駅前、国立病院前 天王ニュータウン
Y3 朝倉駅前、国立病院前、天王ニュータウン 仁野
Y4 朝倉駅前、国立病院前、土佐市役所前 高岡営業所
Y5 朝倉駅前、国立病院前、土佐市役所前、須崎駅 須崎営業所
Y6 朝倉駅前、国立病院前 宇佐
Z1 八代 すこやかセンター伊野 県交北部交通
Z2 朝倉駅前、伊野駅、高岩 狩山口
Z3 朝倉駅前、伊野駅、高岩 土居
Z4 朝倉駅前、伊野駅、高岩、土居 長沢
Z6 八代、伊野駅、高岩 狩山口

隣の停留場[編集]

とさでん交通
伊野線
旭町三丁目停留場 - 蛍橋停留場 - 鏡川橋停留場

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 今尾恵介(監修) 『日本鉄道旅行地図帳』11 中国四国、新潮社2009年、60頁。ISBN 978-4-10-790029-6
  2. ^ 『土佐電鉄が走る街 今昔』37頁
  3. ^ a b c 『土佐電鉄が走る街 今昔』98・156-158頁
  4. ^ 上野宏人 (2014年10月2日). “とさでん交通:「再出発」 「便利な市民の足に」高知で設立式 新デザインの車両披露”. 毎日新聞 (毎日新聞社) 
  5. ^ a b c d 川島令三 『四国・九州ライン 全線・全駅・全配線』第2巻 四国西部エリア、講談社〈【図説】 日本の鉄道〉、2013年、43・93頁。ISBN 978-4-06-295161-6
  6. ^ a b c 『土佐電鉄が走る街 今昔』76-77頁
  7. ^ 川島令三 『全国鉄道事情大研究』四国篇、草思社2007年、292頁。ISBN 978-4-7942-1615-1
  8. ^ 高知県公共交通経営対策検討委員会 電車部会第4回 土佐電気鉄道提出資料 (PDF)”. 高知県. p. 11 (2011年12月6日). 2016年3月6日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2017年5月18日閲覧。

参考文献[編集]

関連項目[編集]