虹の下水道館

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Japanese Map symbol (Museum) w.svg 虹の下水道館
施設情報
正式名称 虹の下水道館
前身 有明下水処理場見学説明室
専門分野 下水道
事業主体 東京都下水道局
所在地 135-0063
日本の旗 日本 東京都江東区有明二丁目3番5号 有明水再生センター5階
位置 北緯35度37分59.4秒
東経139度47分1.7秒
座標: 北緯35度37分59.4秒 東経139度47分1.7秒
アクセス

ゆりかもめお台場海浜公園駅より徒歩8分
りんかい線国際展示場駅より徒歩12分

ゆりかもめ国際展示場正門駅より徒歩15分
都営バス有明一丁目停留所より徒歩3分
公式サイト http://www.nijinogesuidoukan.jp/index.html
プロジェクト:GLAM

虹の下水道館(にじのげすいどうかん)は、東京都江東区の有明水再生センター内にある、東京都下水道局による下水道をテーマとした体験型の広報施設である。

概要[編集]

1996年、有明下水処理場(現有明水再生センター)の見学説明室として開設。2012年12月から休館して実物大施設の設置などの改修を行い、2013年4月20日に再オープンした[1]。下水道管や下水処理場の監視室などを実物大で再現した施設が設置されている。これらの実物大施設を使って、マンホール内の探索や清掃などといった体験をすることができる[1]

声優[編集]

永井一郎大谷育江などの声優が、館内キャラクターの声を当てている。

周辺施設[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b 「虹の下水道館 体験型に変身 きょう再オープン」 『産経新聞』 2013年4月20日付け、東京本社発行15版、東京編集部23面。

外部リンク[編集]