虞集

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

虞集(ぐ しゅう、1272年 - 1348年)は、元代中国の儒学者伯生、号は道園、邵庵先生と称された。

宋代に活躍した虞允文の五世の孫にあたる。柳貫黄溍掲傒斯とともに「儒林四傑」と称せられる。楊載・掲傒斯・范梈とともに元詩の四大家ともいわれる。

生涯[編集]

祖籍は仁寿県(現在の四川省)であるが、父の虞汲にしたがって臨州崇仁県(現在の江西省)に住む。宋末の戦乱期には母の楊氏が『論語』、『孟子』、『左伝』を口授し、3歳の頃から読書をはじめ、父の学友だった呉澄を師として学ぶ。

1297年大徳元年)に初めて北京に赴き、大都路儒学教授に任じられ剛直をもって知られた。その後秘書少監、太常博士に昇進、丞相の拝住(パイジュ)に知己を得た際に儒者を官吏として任用することを建議している。

文宗が即位すると経筵(皇帝に対し講義をする役職)を兼任し、奎章閣侍書学士となる。関中における飢饉に対し上疏を行ったが、採用されなかった。また『唐会要』『宋会要』にならって『経世大典』編纂の総裁に任じられ大規模な編纂事業に携わるが、『祖宗実録』を編纂する時に『元朝秘史』を閲覧することを請うたが許されなかった。皇帝の顧問として下問に答え諫言も多く容れられたが、性格が剛直であったために政敵も多く、しばしば官職を罷免された。1348年(至正8年)5月、病没する。享年77。没後は仁寿郡公に追封された。は文靖。

虞集の詩の優れているところは整然とした骨格にあり、唐詩を模範として作られたと察せられる。一方、虞集は新しい素材、新しい現実をうたいこなす筆力をも持つ[1]

著書[編集]

  • 『道園学古録』50巻
  • 『道園遺稿』15巻
  • 『平猺記』
趙孟頫「重江畳嶂図」に題す
昔者長江険 昔は長江の険
能生白髪哀 能く白髪の哀しみを生みき
百年経済盡 百年 経済は尽き
一日畫圖開 一日 画図開く
僧寺依稀在 僧寺は依稀として在り
漁舟浩蕩回 漁舟は浩蕩として回(かえ)る
蕭條数根樹 蕭條たる数根の樹
時有海潮來 時に海潮の来る有り

脚注[編集]

  1. ^ 吉川幸次郎『元明詩概説』岩波書店、2006年、140-142p。

参考文献[編集]