虎ノ門琴平タワー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
虎ノ門琴平タワー
中央のガラス張りのビルが虎ノ門琴平タワー
中央のガラス張りのビルが虎ノ門琴平タワー
虎ノ門琴平タワーの位置(東京都区部内)
虎ノ門琴平タワー
虎ノ門琴平タワー
施設情報
所在地 東京都港区虎ノ門一丁目2番8号
座標 北緯35度40分10.4秒 東経139度44分54.4秒 / 北緯35.669556度 東経139.748444度 / 35.669556; 139.748444座標: 北緯35度40分10.4秒 東経139度44分54.4秒 / 北緯35.669556度 東経139.748444度 / 35.669556; 139.748444
状態 完成
着工 2002年8月8日
建設期間 2年3カ月
竣工 2004年11月25日
用途 オフィス神社
地上高
高さ 115.2m
各種諸元
階数 地上26階、地下3階、塔屋1階
敷地面積 3,467.30 [1]
延床面積 29,710.96 [1]
構造形式 鉄骨構造、一部鉄骨鉄筋コンクリート構造
駐車台数 76
関連企業
設計 日建設計
施工 大成建設間組白石建設共同企業体
所有者 日本ビルファンド、金刀比羅宮
テンプレートを表示

虎ノ門琴平タワー(とらのもんことひらタワー)は、東京都港区虎ノ門一丁目の超高層ビルである。

歴史[編集]

金刀比羅宮の敷地には、株式会社虎門琴平会館ビルにより1965年に「虎門琴平会館ビル」が建設されたが、OA化や耐震性改善に対処するため三井不動産と共同で建て替えることとなった。2002年8月8日に起工式を実施[2]、約2年3ヶ月の工期ののち、2004年11月25日に竣工式が執り行われた。事業比率は三井不動産65.75%、株式会社虎門琴平会館ビル27.16%、宗教法人金刀比羅宮7.09%で[1]、竣工後に日本ビルファンド投資法人が虎門琴平会館ビルの持分を取得[3]。同投資法人は、2006年には千代田区丸の内JFEビルディング(後年に解体され、現在は三井住友銀行本店ビルディング)と交換する形で三井不動産の持ち分を追加取得した[4]

構造[編集]

ピロティの参道

鉄骨構造(一部鉄骨鉄筋コンクリート構造)の 地上26階、地下3階建で、最高部の高さは115.2m。総合設計制度を活用するとともに金刀比羅宮の余剰容積率を活用している[2]。下層部は高さ10.5mのピロティで、正面の桜田通りから金刀比羅宮への参道となる。その脇に高さ3.5mのガラス張りのロビーが設けられた[5]。建物のうち1階、3階、26階は宗教法人金刀比羅宮、4階から25階にかけてのオフィス部分は日本ビルファンド投資法人が所有し[3]日経ラジオ社(16・17階)[6]ほか複数のテナントが入居する。最寄駅は東京メトロ銀座線虎ノ門駅で、桜田通り地下を走る東京メトロ日比谷線にも本ビル近くに虎ノ門ヒルズ駅が建設中である。

神社の参道と一体型になった再開発ビルは国内でも最初で唯一であり、ほかに寺院の山門と一体化した積和不動産関西南御堂ビルが2019年竣工予定で建設中となっている。

脚注[編集]

  1. ^ a b c “「虎ノ門琴平タワー」 竣工” (プレスリリース), 三井不動産, (2004年11月25日), http://www.mitsuifudosan.co.jp/corporate/news/2004/1125/ 2017年1月19日閲覧。 
  2. ^ a b “「(仮称)虎門琴平タワー」 着工” (プレスリリース), 三井不動産, (2002年8月7日), http://www.mitsuifudosan.co.jp/corporate/news/2002/0807/ 2017年1月19日閲覧。 
  3. ^ a b “資産の取得に関するお知らせ (虎ノ門琴平タワー)” (PDF) (プレスリリース), 日本ビルファンド投資法人, (2004年9月17日), http://www.nbf-m.com/nbf/release/files/release158.pdf 2017年1月19日閲覧。 
  4. ^ “資産の交換に関するお知らせ” (PDF) (プレスリリース), 日本ビルファンド投資法人, (2006年2月24日), http://www.nbf-m.com/nbf/release/files/release79.pdf 2017年1月19日閲覧。 
  5. ^ 「NIKKEN×OFFICE」展 虎ノ門琴平タワー”. 日建設計. 2017年1月19日閲覧。
  6. ^ アクセス(ラジオ日経)

外部リンク[編集]