蘭世惠翔

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

蘭世 惠翔(らんぜ けいと、4月27日[1] - )は、宝塚歌劇団月組に所属する娘役。

東京都渋谷区[1]日本女子大学附属高等学校出身[1]。身長170cm[1]。愛称は「ゆうき」[1]

来歴[編集]

2014年4月、宝塚音楽学校入学[2]。音楽学校の文化祭では演劇部門で主役を務め[2][3]、卒業時には演劇部門で優秀賞を受賞[3]

2016年3月、宝塚歌劇団に102期生として入団[3][2]。入団時の成績は13番。星組公演「こうもり/THE ENTERTAINER!」で男役として初舞台[3]。その後、月組に配属[2]

2018年、愛希れいか退団公演となる「エリザベート」で、少年ルドルフ役に抜擢[2]。新人公演では女役マダム・ヴォルフを演じる[2]

2019年8月22日付で、娘役へと転向[2]

人物[編集]

母は実業家で元モデル・女優の君島十和子[3]

芸名の由来は、恩師より一字もらい、家族と考えた[1]

主な舞台[編集]

初舞台[編集]

  • 2016年3〜4月、星組『こうもり…こうもり博士の愉快な復讐劇…』『THE ENTERTAINER!』(宝塚大劇場のみ)

月組男役時代[編集]

月組娘役時代[編集]

  • 2019年10〜12月、『I AM FROM AUSTRIA-故郷(ふるさと)は甘き調(しら)べ-』 - 新人公演:ロミー・エードラー(本役:海乃美月

出演イベント[編集]

  • 2017年10月、第54回『宝塚舞踊会』

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f 『宝塚おとめ 2019年度版』宝塚クリエイティブアーツ、2019年、65頁。ISBN 978-4-86649-089-2
  2. ^ a b c d e f g 月組男役の蘭世惠翔が娘役に転向”. 日刊スポーツ. 2019年8月27日閲覧。
  3. ^ a b c d e 君島さん長女・蘭世惠翔が宝塚初舞台”. デイリースポーツ. 2016年3月18日閲覧。
  4. ^ 月城かなと休演に伴う配役変更で、5/21~東京千秋楽まで代役を務めた。

外部リンク[編集]