蘇州駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
蘇州駅
駅舎
駅舎
苏州
Suzhou
所在地 中華人民共和国の旗 中国江蘇省蘇州市姑蘇区車站路27号
所属事業者 中華人民共和国鉄道部
管轄鉄路局 上海鉄路局
等級 特等駅
所属路線 京滬線滬寧都市間鉄道
キロ程 1379.0km(北京起点)
駅構造 地上駅
ホーム 相対式・島式 7面12線
開業年月日 1906年7月16日
テンプレートを表示
蘇州駅
苏州火车站
スーチョウホーチャージャン - Suzhou Railway Station
所在地 中華人民共和国の旗 中国江蘇省蘇州市姑蘇区車站路27号
所属事業者 蘇州軌道交通有限公司
駅構造 2号線:島式 1面2線
4号線:島式 1面2線
ホーム 地下駅
開業年月日 2013年12月28日
乗入路線 2 路線
所属路線 2号線
キロ程 14.99km(騎河起点)
平河路 (1.06km)
(1.62km) 山塘街
所属路線 4号線
キロ程 9.15km(竜道浜起点)
蘇錦 (0.97km)
(1.45km) 北寺塔
蘇州駅
各種表記
繁体字 蘇州站
簡体字 苏州站
拼音 Sūzhōu Zhàn
スーチョウ チャン
広東語発音: sou1 zau1 zaam6
ソウツァウ ツァム
英文 Suzhou Railway Station
テンプレートを表示

蘇州駅(そしゅうえき、中文表記: 苏州站英文表記: Suzhou Railway Station)は中華人民共和国江蘇省蘇州市姑蘇区に位置する中国鉄路総公司上海鉄路局および蘇州軌道交通が管理するである。

利用可能な路線[編集]

2号線
4号線

駅構造[編集]

滬寧都市間鉄道の乗り場は島式ホーム1面の両側に単式ホーム2面を持つ3面6線の橋上駅で、通過用の本線2線を持つ。

京滬線は島式・相対式ホーム3面5線の地上駅。跨線橋は橋上駅につながっている。今後滬寧都市間鉄道ホームに隣接した場所に移設される予定である。

旧駅舎は線路の南側にある。中国の歴史的な建築のデザインを取り入れた駅舎であるが、急激に増加した列車本数に待合室の規模等が対応できておらず、2000年代に入ってからは常に混雑していた。旧駅舎の駅前広場は蘇州旧市街を取り囲む堀川に面しているため、そのままでは拡張することができず、新駅舎は線路の北側に作られることになった。この新駅舎は近代的なデザインと伝統的なデザインを融合させた建物で、幾何学的な構造に木造建築を思わせるデザインを取り入れている。また、駅舎正面には扁額を思わせるデザインの駅名標が掲出されている。

2010年7月1日の滬寧都市間鉄道開業に伴い、新駅舎が使用開始になり旧駅舎は閉鎖された。ただし、新駅前広場である蘇州駅北広場は引き続き整備中であったため、仮バスターミナルは駅舎から西へ200メートルのところに作られた。その後2011年7月1日に北駅前広場は完成した。今後在来線である京滬線の移設後、旧駅前広場と現京滬線用地をつなげた新しい南駅前広場が整備される予定である。 地下にタクシー乗り場がある。

なお、旧駅舎は仮囲いで囲まれているものの、2010年9月現在取り壊されていない。


駅周辺[編集]

再開発が行われている。蘇州軌道交通2号線4号線が乗り入れている。

歴史[編集]

旧駅舎

隣の駅[編集]

中国鉄路総公司
京滬線
蘇州西駅 - 蘇州駅 - 唯亭鎮駅
滬寧都市間鉄道
蘇州新区駅 - 蘇州駅 - 蘇州園区駅
蘇州軌道交通
2号線
平河路駅 - 蘇州火車站駅 - 山塘街駅
4号線
蘇錦駅 - 蘇州火車站駅 - 北寺塔駅

外部リンク[編集]