蘆名盛滋

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
蘆名盛滋
時代 戦国時代
生誕 文明14年(1482年
死没 永正18年2月6日1521年3月14日
別名 出羽判官
官位 民部少輔、遠江守
氏族 蘆名氏
父母 父:蘆名盛高
兄弟 盛滋盛舜、女子(伊達稙宗正室)
針生盛幸
テンプレートを表示

蘆名 盛滋(あしな もりしげ)は、戦国時代武将蘆名氏第14代当主。

経歴[編集]

文明14年(1482年)、第13代当主・蘆名盛高の子として生まれる。

武勇に優れ、文亀元年(1500年)には父に従って猪苗代盛頼を討っている。しかし次第に父・盛高と対立を深め、永正2年(1505年)、重臣・松本氏の支援を受けて盛高と合戦に及んだが、敗れて伊達尚宗の下に逃走した。

後に盛高と和解して帰国し、永正14年(西暦では翌1518年)12月、盛高の死により家督を相続した。永正17年(1520年)には伊達稙宗の援軍として上山城主・最上義房と戦っている。

永正18年(1521年)2月6日、死去。享年40。実子・盛幸が居たが、弟の盛舜が家督を相続したため、盛幸は別家・針生氏を興した。

盛滋の生没年には異説が多く、生年には寛正4年(1463年)説もあり、没年には天文9年(1540年)6月23日(享年59)説もある。