藤間勘右衛門

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
本来の表記は「藤間勘右衞門」です。この記事に付けられた題名は技術的な制限または記事名の制約により不正確なものとなっています。

藤間 勘右衞門(ふじま かんえもん、新字体:勘右衛門)は、藤間流勘右衛門派宗家家元名跡

三代目以降、歌舞伎役者が兼ねて襲名している。

初代[編集]

初代 藤間 勘右衛門(しょだい ふじま かんえもん、文化10年(1813年) - 嘉永4年8月12日1851年9月7日))は、初世藤間流勘右衛門家元。

父は長唄の名手・富士田勘右衞門(後の三代目大薩摩文太夫)。江戸の生まれ。

6歳で四代目藤間勘兵衛の門下となる。一時七代目市川團十郎の門下で市川金太郎を名乗る。1843年に舞踊に専念し津打治三郎を名乗る。1845年に勘右衛門と改名。

1851年に若年で病死。

二代目[編集]

二代目 藤間 勘右衛門(にだいめ ふじま かんえもん、天保11年2月12日または20日1840年3月15日または23日) - 大正14年(1925年1月23日)は、二世藤間流勘右衛門家元。晩年は藤間 勘翁(ふじま かんおう)を名乗る。本名は藤間 金太郎(ふじま きんたろう)。浜町の藤間大藤間と呼ばれた。

初代の実子。湯島天神町の生まれ、最初は歌舞伎役者の七代目市川團十郎の門下。初名を藤間金太郎。12歳で父が死去し藤間勘十郎の門下で19歳で二代目藤間勘右衛門を襲名。一時1867年に五代目西川扇蔵の養子となり六代目西川扇蔵を襲名するが、明治4年に藤間勘右衛門に戻る。花柳流の初代花柳壽輔九代目市川團十郎と対立し決別すると、團十郎からその後釜に迎え入れられ引き立てられる。團十郎との提携で『春興鏡獅子』『素襖落』などを振り付け、他にも坪内逍遥新歌舞伎舞踊お夏狂乱』等も手がけ一時代を築いた。今日にもその踊りは受け継がれている。

生年月日は2月20日とも。

養子が三代目勘右衛門。

三代目[編集]

→ 「七代目松本幸四郎」項を参照。

四代目[編集]

→ 「二代目尾上松緑」項を参照。

五代目[編集]

→ 「初代尾上辰之助」項を参照。

六代目[編集]

→ 「四代目尾上松緑」項を参照。