藤見嶽虎之助

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

藤見嶽虎之助(ふじみだけとらのすけ、1878年6月18日-1923年7月15日)は、藤島部屋尾車部屋に所属した元力士。7代藤島。本名は神田久助。現在の福島県二本松市出身。165cm、71kg。最高位は西前頭3枚目。

経歴[編集]

魚店に奉公するも相撲好きで年寄藤島甚助に勧誘され[1]、1895年入門。1895年5月序ノ口、藤島部屋は稽古場がなく、出稽古として尾車部屋に通い当時幕下だったのちの大関・荒岩の指導を受け、1901年1月十両昇進。1904年1月入幕を果たす。1901年5月、1904年1月に太刀山峯右エ門と、1905年5月に大砲万右エ門と引き分けている。藤見嶽の取り口を大関朝汐は「力士の中でも藤見嶽くらい相撲上手な者はいない。相撲具合の良いこと、出足といい逃足といい、おまけに柔らか身などは言い様がないほど巧い。」と称賛していた[1]。すでに二枚鑑札であったが、1910年6月に引退し親方業に専念した。1923年、風邪から胸を冒され45歳で死去。

成績[編集]

  • 幕内13場所29勝54敗28休19分預

場所別成績[編集]

藤見嶽 虎之助
春場所 夏場所
1895年
(明治28年)
x x
1896年
(明治29年)
西序二段24枚目
 
序二段
 
1897年
(明治30年)
西序二段7枚目
 
西三段目
 
1898年
(明治31年)
x 西三段目
 
1899年
(明治32年)
東幕下
 
東幕下11枚目
 
1900年
(明治33年)
東幕下10枚目
 
東幕下3枚目
 
1901年
(明治34年)
西十両8枚目
4–1
1引分
 
西十両筆頭
4–2
1引分1預
 
1902年
(明治35年)
x x
1903年
(明治36年)
x x
1904年
(明治37年)
x x
1905年
(明治38年)
x x
1906年
(明治39年)
x x
1907年
(明治40年)
x x
1908年
(明治41年)
x x
1909年
(明治42年)
x x
1910年
(明治43年)
x 西前頭16枚目
引退
1–4–5
各欄の数字は、「勝ち-負け-休場」を示す。    優勝 引退 休場 十両 幕下
三賞=敢闘賞、=殊勲賞、=技能賞     その他:=金星
番付階級幕内 - 十両 - 幕下 - 三段目 - 序二段 - 序ノ口
幕内序列横綱 - 大関 - 関脇 - 小結 - 前頭(「#数字」は各位内の序列)

改名[編集]

藤見嶽→藤嶌 [2] [3]

出典[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b 明治後期の小兵人気力士 藤見嶽虎之助(ふじみだけ とらのすけ) | 二本松市公式ウェブサイト”. www.city.nihonmatsu.lg.jp. 2020年5月6日閲覧。
  2. ^ http://sumodb.sumogames.de/Rikishi.aspx?r=3570&l=j
  3. ^ 大相撲力士名鑑平成13年版、水野尚文、京須利敏、共同通信社、2000年、ISBN 978-4764104709