藤直幹

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

藤 直幹(ふじ なおもと、1903年3月6日 - 1965年8月24日)は、日本の日本史学者。

徳島県徳島市に生れる。松山高等学校を経て、1928年に京都帝国大学文学部史学科卒業、1931年に同大学院を退学し、京都帝国大学文学部講師となる。1936年助教授。戦後は、1948年に大阪大学法文学部教授(1953年、文学部教授)となり、1958年には文学部長。

専門は日本中世史。「中世武家故実の研究」によって1948年に京都大学から文学博士の学位を得ている。

著書[編集]

  • 『中世武家社会の構造』目黒書店、1944年
  • 『天皇制の歴史的理論的解明』目黒書店、1946年
  • 『中世文化研究』河原書店、1949年
  • 『国史の真実性』丁子屋書店、1949年
  • 『日本の武士道』創元社、1956年
  • 『無事録』私家版(藤籌子発行)、1966年
  • 『ゆかりの花ぐさ 直幹遺稿』私家版(藤籌子発行)、1967年
  • 『武家時代の社会と精神』藤直幹博士追悼記念事業会、1967年