藤田親昌

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

藤田 親昌(ふじた ちかまさ、1904年明治37年)1月17日-1996年平成8年)11月13日)は日本の出版人編集者。元文化評論社社長中央公論社編集部長。横浜事件に連座する。

略歴[編集]

1904年(明治37年)1月17日、神奈川県鎌倉に生まれる。法政大学予科を経て、1930年昭和5年)に法政大学法文学部英文科を卒業する。中央公論社に入社し、出版部長、編集部長を歴任する。1944年(昭和19年)にいわゆる横浜事件により検挙、一年に渡り拘禁され、1945年(昭和20年)に起訴留保処分により釈放される。

戦後、1946年(昭和21年)に文化評論社を設立し、社長に就任する(1961年(昭和36年)に閉鎖)。その後は、多摩文化協会長、神奈川県社会教育委員連絡協議会長、川崎文化財団理事、川崎市社会教育委員など多くの地域活動、ボランティア活動に取り組んだ。

1996年(平成8年)11月13日に死去、92歳。

家族[編集]

劇作家ふじたあさやは子。

共著[編集]

編集[編集]

参考[編集]

外部リンク[編集]