藤田精一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

藤田 精一(ふじた せいいち、1868年慶応4年) - 1938年昭和13年)7月5日[1])は、日本史学者。

経歴[編集]

山城国綴喜郡田辺村興戸(現・京都府京田辺市)出身。号・南山。1894年帝国大学文科大学史学科卒[2]。1898年陸軍教授。広島中学校(現広島県立広島国泰寺高等学校)校長、大阪陸軍幼年学校教頭、広島陸軍幼年学校教頭。1938年「新田氏研究」で東京帝国大学文学博士。妻は戸水寛人の妹。長男・法学士・藤田春太郎、次男・農学士・藤田二郎は、1926年頃相次いで死去。五男は日本史学者の藤田五郎[3]

著書[編集]

翻訳[編集]

  • ドナート『近世欧人の観たる謎の日本』広陵社 1928

脚注[編集]

  1. ^ 『人物物故大年表』
  2. ^ 『官報』1894年7月11日。
  3. ^ 原田登編『帝国大学出身録』