藤田友人

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

藤田 友人 (ふじた ともひとTomohito Fujita) は1976年1月18日生まれの日本現代音楽作曲家作家

略歴[編集]

作曲家活動[編集]

埼玉県に生まれる。1997年高崎芸術短期大学声楽科を、2006年東邦音楽大学作曲科を卒業。声楽笠田誠子曽我淑人種井静夫大谷研二山田実山下牧子に、作曲片柳英男岡沢理絵清水研作大沢徹訓松永通温ルネ・シュタール長生淳に、ピアノ武沢洋に師事。作曲家集団音組に所属していた時期がある。

自身の作品に歌唱で登場することもできるが、ピアノも弾ける。大学ではシュニトケピアノソナタ第1番を披露したことがある。[1]

作家活動[編集]

俳句をたしなみ「十二朗」を名乗る。また埼玉県漢詩連盟に所属し、漢詩を作す際には「楽聖」と号す。近年は小説にも挑戦している。

主要作品[編集]

  • 臨終『ある天使の思い出』Op.1 声、篠笛とピアノ (1998-2008/川口リリア音楽ホール)
  • 傷痕-原子雲の下より記念会 Op.4 女声3部合唱、リコーダーと語り手 (2003)
  • ピアノ狂奏曲 Op.17 声、ピアノとアンサンブル (2009/杉並公会堂)
  • 春日逢佳人 Op.19 フルート、クラリネット、ヴィオラ、声独奏 (2010/ムジカーザ)
  • 交響曲第4番(協奏交響曲) 或る阿呆の物語 op.21 (2011/桜台pool)
  • 2つのノクターンOp.33(2016)

受賞歴[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 公式youtubeで確認済。
  2. ^ result

外部リンク[編集]