藤澤さなえ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
藤澤 さなえ
誕生 10月27日
職業 小説家ゲームクリエイターテーブルトークRPG
言語 日本語
国籍 日本の旗 日本
教育 学士
デビュー作新ソード・ワールドRPGリプレイNEXT』(2004年年)
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

藤澤 さなえ(ふじさわ さなえ、10月27日生まれ)は小説家ゲームクリエイターテーブルトークRPG『ソード・ワールド』『ソード・ワールド2.0』のリプレイ等を執筆している。

概略[編集]

大学在学中からグループSNEに所属し、2004年に『新ソード・ワールドRPGリプレイNEXT』(通称「ぺらぺらーず篇」)のゲームマスターとして抜擢された。前任者の秋田みやびは初心者と自称しつつもTRPG、GMに関してある程度のキャリアを持っていたが、藤沢はTRPG経験が少なくGMは全く初めての本当の初心者であった。さらにリプレイ開始当時は21歳と秋田より年齢も若かったため、シリーズ開始当初は監修の清松みゆきが後見人的位置についてサポートを行っていた。

新米GMにはシナリオを破綻させやすく難しいシティアドベンチャー要素にも意欲的で、プレイヤーの行動がセッションの展開を左右する、というTRPGの基礎に忠実なマスタリングを行う。その為、シリーズ開始当初はルールの運用やゲームの進め方で数々の失敗、熟練プレイヤーたちに振り回される展開となっていたが、シリーズが進むにつれGMとしての力量を上げ、シリーズ第2巻ではモケケピロピロを背景の小道具として活用・定着させるなど遊びを深化させ、続巻ではスケールの大きなキャンペーンやボードゲーム調のプレイスタイルをこなすほどになった。

これまでゲーム内では扱われなかった地域(ファンドリア・レイド)を初めてシナリオの舞台として取り上げたり、「ゲーム内で矛盾する設定が出たら、後付された方が優先される」という慣例を利用して、ワールドガイドに欠けた設定を補填する、使われる機会の少ない怪物を積極的に活用する、多くのオリジナルモンスターを創造するなど、確実に自らの個性を打ち出しつつある。近年では漫画も描く。

作風は着眼点・脱線・雰囲気など、あらゆる面で女性的なカラーが多く出ており、短編集ではこれまでのソードワールド小説とは一風変わった童話調の作品も書いている。

デモンパラサイト・リプレイ 剣神(ブレードデモンズ)① 継承者』には、実名公表でプレイヤーの1人として参加し、解説も執筆している。彼女の勘違い発言から「プレイヤーキャラクター全員が実の兄弟」という、世にも珍しいRPGリプレイが開幕する事となった。この他にも天然ボケ的な勘違い発言が多く、ぺらぺらーずリプレイ最終巻では「地上から100m上空は大気圏外」と発言してプレイヤーを爆笑させている。 『ソード・ワールド2.0』においてはプレイヤー視点からのリプレイシリーズ『たのだん』を執筆。同企画はドラゴンマガジン誌で連載された。

作品リスト[編集]

リプレイ(GM)[編集]

  • 新ソード・ワールドRPGリプレイNEXTシリーズ
  • ソード・ワールドRPGリプレイ・アンソロジー デーモン・アゲイン
  • ソード・ワールド2.0 リプレイ Sweets シリーズ
  • ソード・ワールド2.0 リプレイ ルーン・うぉーかーズ シリーズ
  • ソード・ワールド2.0 イラストレーターリプレイ ガレリア×ダンジョンズ
  • ソード・ワールド2.0 リプレイ 魔剣の島の駆けだし英雄シリーズ
  • ソード・ワールド2.0 リプレイ サウザンドブレイブシリーズ
  • デモンパラサイト・リプレイ ぬぎぬぎアクマとぱくぱくデーモン
  • デモンパラサイト・リプレイ 極道☆キラリ
  • ゴーストハンター13タイルゲーム・リプレイ 1000の部屋を持つ館

リプレイ(プレイヤー)[編集]

小説[編集]