藤村道生

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

藤村 道生(ふじむら みちお、1929年3月3日 - 1999年4月7日)は、日本の歴史学者、元上智大学文学部教授。専門は日本政治外交史。

来歴[編集]

愛知県名古屋市に生まれる。京都臨時教員養成所物象科を経て東海大学予科文科を卒業。1952年名古屋大学文学部史学科卒業、同大学院文学研究科に入学、信夫清三郎に師事。並行して愛知県立瀬戸高等学校教諭を務める。

早稲田大学教育学部非常勤講師を経て、1962年より名古屋大学文学部助手。九州工業大学助教授(1968-74年)、同教授(1974-77年)を経て、1977年より上智大学文学部教授を務める。1994年に定年退職。

当初は明治期の日本外交史を研究対象とし、後に昭和期の政治史を専門とした。門下生に黒沢文貴斎藤聖二櫻井良樹白石仁章、大島明子などがいる。

著書[編集]

単著[編集]

  • 『山県有朋』(吉川弘文館[人物叢書]、1961年、新装版1986年)
  • 『日清戦争――東アジア近代史の転換点』(岩波新書、1973年)
  • 『世界現代史(1)日本現代史』(山川出版社、1981年)
  • 『日清戦争前後のアジア政策』(岩波書店、1995年)

共著[編集]

編著[編集]

  • 『日本近代史の再検討』(南窓社、1993年)

共編著[編集]

  • 三宅正樹秦郁彦・義井博)『昭和期の軍部と政治(全5巻)』(第一法規出版、1983年)