藤村記念館 (岐阜県)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Japanese Map symbol (Museum) w.svg 藤村記念館
TOSON MEMORIAL MUSEUM
馬籠宿藤村記念館.jpg
施設情報
専門分野 島崎藤村
収蔵作品数 約6000点
管理運営 財団法人藤村記念郷
建物設計 谷口吉郎
開館 1952年(昭和27年)
所在地 508-0502
岐阜県中津川市馬籠4256-1
位置 北緯35度31分36.46秒 東経137度34分2.44秒 / 北緯35.5267944度 東経137.5673444度 / 35.5267944; 137.5673444
公式サイト 公式サイト
プロジェクト:GLAM

藤村記念館(とうそんきねんかん)とは、かつて中山道宿場町であった信州木曽谷馬籠宿(現在の岐阜県中津川市馬籠)の島崎藤村生家跡[注釈 1]にある文学館である。藤村堂ともいう。2015年現在館長は鈴木昭一

島崎藤村の生家は馬籠宿の本陣であったが、1895年明治28年)の大火で焼失した。その本陣跡に1947年昭和22年)、建築家谷口吉郎の設計により建てられた。その後、1950年(昭和25年)に、博物館運営のため財団法人藤村記念郷を設立。1952年(昭和27年)には、藤村の長男である島崎楠雄から約5000点の資料を寄贈され、長野県内の教員や小中高生の寄付を受け日本初の文学館として開館した[注釈 2]

概要[編集]

藤村の祖父母の隠居所、ふるさとの部屋(ビデオコーナー)記念文庫(研究室)、第二文庫(企画展示室)、 第三文庫(常設展示室)の建物からなり、『嵐』『夜明け前』などの作品原稿、遺愛品、周辺資料、明治大正詩書稀覯本コレクションなど約6000点を所蔵している。

常設展示室には処女詩集『若菜集』から絶筆『東方の門』までを展示。終焉の地、神奈川県中郡大磯町の書斎を復元している。

  • 開館時間:4月-11月は8:30-17:00、12月-3月は9:00-16:00
  • 休館日:12月第2火曜日、水曜日、木曜日と年末年始
  • 入館料:大人(高校生以上)500円、小人(小中学生)250円 ※団体・障害者割引あり。

所在地[編集]

  • 岐阜県中津川市馬籠4256-1

アクセス[編集]

参考文献[編集]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 岐阜県指定史跡[1]
  2. ^ 名称に文学館を用いたのは日本近代文学館が最初[2]

出典[編集]

  1. ^ 島崎藤村宅(馬籠宿本陣)跡”. 岐阜県. 2013年5月10日閲覧。
  2. ^ 図書館と文学館の連携 (PDF)”. ReaD & Researchmap. 2013年8月5日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]