藤本隆志

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

藤本 隆志(ふじもと たかし、1934年6月5日 - )は、日本の哲学研究者、東京大学名誉教授。

略歴[編集]

東京生まれ。1958年国際基督教大学教養学部卒。1960年東京大学大学院人文科学研究科哲学専攻修士課程修了、1961年米国カンザス大学大学院中退、1966年東大博士課程単位取得満期退学。1972年北海道大学文学部助教授、1982年東京大学教養学部助教授、1985年教授、1995年定年退官、名誉教授、千葉大学文学部教授、2000年日本大学文理学部・総合文化研究所教授。2005年退職。

1968年および1978年に日本翻訳文化賞受賞。ウィトゲンシュタインホワイトヘッドカール・ポパーなど英国哲学を研究、翻訳した。大森荘蔵と深い繋がりを持ち「大森荘蔵著作集第八巻「時間と自我」月報5『大森先生を偲ぶ』に大森との学者らしからぬ交流談が書かれている。

著作[編集]

  • 『ウィトゲンシュタイン(人類の知的遺産)』講談社 1981年(のち学術文庫)
  • 『哲学入門』東京大学出版会 1990年

共著[編集]

訳書[編集]