藤本武彦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

藤本 武彦(ふじもと たけひこ、1929年昭和4年)12月8日 - 2014年平成26年)5月24日)は日本の実業家、元三洋化成工業社長・会長。岡山県出身。

略歴[編集]

  • 1953年(昭和28年) - 京都大学工学部工業化学科を卒業、三洋油脂工業(現・三洋化成工業)へ入社。
  • 1973年(昭和48年) - 同社代表取締役に就任。
  • 1978年(昭和53年) - 同社代表取締役常務に就任。
  • 1981年(昭和56年) - 同社代表取締役専務に就任。
  • 1985年(昭和60年) - 同社代表取締役副社長に就任。
  • 1988年(昭和63年) - 同社代表取締役社長に就任。
  • 1995年(平成7年) - 同社代表取締役会長に就任。
  • 1998年(平成10年) - 同社代表取締役相談役に就任。
  • 2014年(平成26年)5月24日 - 肺がんのため、京都市の病院で死去、84歳。[1]

著書[編集]

  • 『新・界面活性剤入門』 三洋化成工業 1976
  • 『経営システム開発物語 : 夢こそすべて』 三洋化成工業 2000

受章・受賞[編集]

参考[編集]

  • 交詢社 第69版 『日本紳士録』 1986年

脚注[編集]

  1. ^ 藤本武彦さん死去 元三洋化成工業会長 有名人の葬儀 2014年5月27日