藤本幸二

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
藤本 幸二
人物情報
生誕 (1974-01-22) 1974年1月22日(48歳)
岡山県
国籍 日本の旗 日本
出身校 一橋大学法学部卒業
学問
研究分野 法学
研究機関 一橋大学
岩手大学
学位 博士(法学)(一橋大学・2003年7月)
脚注
テンプレートを表示

藤本 幸二(ふじもと こうじ、1974年1月22日 - )は、日本法学者。専門は西洋法制史学位は、博士(法学)岩手大学人文社会科学部准教授[1]

経歴[編集]

一橋大学大学院法学研究科・法学部では,山内進青木人志に師事。亜細亜大学日本医科大学一橋大学成城大学明治大学中央大学講師等を経て,2009年より岩手大学人文社会科学部法学・経済課程(現:地域政策課程)准教授。

略歴[編集]

1997年 一橋大学法学部卒業

2002年 一橋大学大学院法学研究科博士課程修了

2003年 亜細亜大学法学部 講師

2004年 日本医科大学 講師

2005年 一橋大学大学院法学研究科 講師

2006年 成城大学法学部 講師

2006年 明治大学法学部 講師

2007年 中央大学法学部 講師

2008年 一橋大学大学院法学研究科 COE研究員

2009年 岩手大学 人文社会科学部 准教授

著作[編集]

藤本幸二著『ドイツ刑事法の啓蒙主義的改革とpoena extraordinaria』国際書院、2006年

共著[編集]

勝田有恒森征一山内進編『概説西洋法制史』ミネルヴァ書房、2004年

山内進屋敷二郎・藤本幸二著『近世ドイツにおける刑事司法実務の発展』一橋大学社会科学古典資料センター、2018年

脚注[編集]

出典[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 研究者総覧 - 国立大学法人岩手大学”. univdb.iwate-u.ac.jp. 2020年8月7日閲覧。