藤本博史 (捕手)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
藤本 博史
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 兵庫県神戸市西区
生年月日 (1976-05-10) 1976年5月10日(41歳)
身長
体重
175 cm
80 kg
選手情報
投球・打席 右投左打
ポジション 捕手
プロ入り 2001年 ドラフト14巡目
初出場 CPBL / 2007年4月7日
最終出場 CPBL / 2007年10月10日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
監督・コーチ歴
  • 長崎セインツ (2008)
  • 明石レッドソルジャーズ (2010)

藤本 博史(ふじもと ひろし、1976年5月10日 - )は、プロ野球選手捕手)。兵庫県神戸市西区出身。

来歴・人物[編集]

明石南高校から社会人野球の河上薬品、阿部企業を経て、2000年にアメリカの独立リーグであるウエスタン・ベースボール・リーグのザイオン・パイオニアーズに所属し、その後トレードでチコ・ヒートに移籍。

2001年シアトル・マリナーズ1A・2A、スプリングトレーニングキャンプに参加後、ザイオン・パイオニアーズの後継球団であるセントジョージ・パイオニアーズで再びプレー。

2001年ドラフト14巡目指名でオリックス・ブルーウェーブに入団。「契約金ゼロ選手」の一人だった。しかし、一軍公式戦出場のないまま、2003年オフに自由契約となる。

2004年、オリックス・ブルーウェーブの仰木監督就任にあたり、同年2月1日から宮古島で行われた、オリックス・ブルーウェーブの春季キャンプに吉井理人とともに参加。

2004年、アメリカ独立リーグ・ノーザンリーグカンザスシティ・ティーボーンズに所属。

2005年、社会人野球クラブチームの茨城ゴールデンゴールズと契約。大塚製薬との個人契約を結び、練習試合やオープン戦の時は、登録名が「アミノバリュー藤本[1]」となる。

2006年WBCブルペン捕手としてチーム入り。同年、ゴールデンゴールズに自主退団を申し入れる。

2007年台湾プロ野球(CPBL)中信ホエールズでプレー。

2008年四国・九州アイランドリーグ長崎セインツに選手兼任コーチとして入団する[2]が、同年退団[3]。その後、12球団合同トライアウトに参加する。

2009年6月11日、関西独立リーグ明石レッドソルジャーズに入団。

2010年よりコーチ兼任となる。同年8月20日、北川公一監督の休養により監督代行に就任[4]。そのシーズン限りで明石は活動休止となる(休止のまま、2013年限りで関西独立リーグ自体が解散した)。

2011年-2013年株式会社バウ企画に入社し、サラリーマン生活を送っていた。

2014年株式会社Pelotaを設立し、兵庫県明石市でピエンサベースボールアカデミーを経営している。またイチローのオフシーズン中のトレーニングサポートを務めている。

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
2007 中信 24 79 75 7 19 2 1 0 23 6 0 0 2 0 1 0 1 10 6 .253 .273 .307 .579
通算:1年 24 79 75 7 19 2 1 0 23 6 0 0 2 0 1 0 1 10 6 .253 .273 .307 .579

背番号[編集]

  • 65 (2002年 - 2003年)
  • 41 (2005年 - 2006年)
  • 44 (2007年)
  • 91 (2008年)
  • 10 (2009年 - 2010年)

脚注[編集]

  1. ^ アミノバリューは、大塚製薬から発売されている清涼飲料ブランド名。
  2. ^ 長崎Sの新コーチに藤本博史氏(元オリックス)が選手兼任で就任 - 四国・九州アイランドリーグニュースリリース(2008年4月1日)
  3. ^ 長崎Sの前田監督代行と藤本コーチ退団のお知らせ - 四国・九州アイランドリーグニュースリリース(2008年11月6日)
  4. ^ 明石レッドソルジャーズ球団ブログ

関連項目[編集]

外部リンク[編集]