藤本博之 (53期)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

藤本 博之(ふじもと ひろゆき、1964年6月30日 - )は、元競輪選手日本競輪学校第53期卒業。日本競輪選手会熊本支部所属。選手登録番号10955。師匠は緒方浩一

なお[藤本博之 (72期)|同姓同名で同県所属の競輪選手](72期・選手登録番号12780)が存在するが、別人である。

経歴[編集]

日本競輪学校に53期生として入学し、同期には俵信之らがいる。1984年5月13日武雄競輪場でデビュー(4着)。初勝利は翌5月14日1992年から1998年頃までは常時特別競輪(現在のGI)に出場。また日本選手権競輪に7回出場するなど、現存する全てのGI大会において出場経験歴があるが、決勝進出経験歴は一度もなかった。

その後も長い間選手として活躍し続けていたが、2012年3月28日からの岸和田競輪場に出走中引退を表明し、同開催最終日の3月30日、第6R・A級特一般戦4着を最後としてバンクから去った。同年4月5日に選手登録削除。通算成績2111戦270勝。優勝32回[1]

家族[編集]

タレントスザンヌマーガリン姉妹は継子2007年に二人の母である山本清美(キャサリン)と再婚したため)。また、俳優ジャン=クロード・ヴァン・ダムに風貌が似ているということから、「バンダム」というニックネームがつけられていた[1]

脚注[編集]

  1. ^ a b “スザンヌ継父バンダム 競輪引退…生涯獲得賞金約4億4000万円”. デイリースポーツ. (2012年3月30日). https://www.daily.co.jp/gossip/flash/20140117565.shtml 2019年9月16日閲覧。 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]