藤本勝義

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

藤本 勝義(ふじもと かつよし、1945年(昭和20年) - )は、国文学者青山学院女子短期大学教授東京学芸大学卒、同大学院修士課程修了、1979年早稲田大学文学部国語国文学専攻科修了、2012年「源氏物語の表現と史実に関する研究」で早大博士(文学)東京都立墨田川高等学校教諭、東京学芸大学助手、青山学院女子短期大学講師助教授、教授。

著書[編集]

  • 『源氏物語の想像力 史実と虚構』笠間書院 笠間叢書、1994
  • 『源氏物語の<物の怪> 文学と記録の狭間』笠間書院 古典ライブラリー、1994
  • 『源氏物語の人ことば文化』新典社 源氏物語研究叢書、1999
  • 『好かれる女・嫌われる女 源氏物語の恋と現代』新典社、2002
  • 『源氏物語の表現と史実』笠間書院、2012
  • 『王朝文学と仏教・神道・陰陽道』編 竹林舎 平安文学と隣接諸学、2007

参考[編集]