藤木九三

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
藤木九三レリーフ(兵庫県芦屋市高座の滝の近く)

藤木九三(ふじき くぞう、1887年(明治20年)9月30日 - 1970年(昭和45年)12月11日)は、日本の登山家であり、ロック・クライミング・クラブの創設者である。

経歴[編集]

京都府福知山市の生まれ。京都三中(現 京都府立福知山高等学校)を卒業し、早稲田大学文学部の英文学科に入学するも中退、1909年東京毎日新聞社に入社した。1909年に、やまと新聞に移籍し、1915年には、朝日新聞社に移る。1916年に、特派員として東久邇宮槍ヶ岳登山に随行する。1919年、神戸支局長となる。西宮市甲子園に住み、六甲山の岩場をロック・ガーデンと命名する。また甲子園球場にあるアルプススタンドを最初にアルプスと形容したという説がある。

1928年には、日本初のロック・クライミングを目的とした山岳会であるRCC同人を、水野祥太郎西岡一雄とともに発足させる。1929年、やはり日本初の岩登りの理論書である『岩登り術』を刊行するとともに、8月には、案内人の松井憲三とともに、北穂高岳滝谷の初登攀に成功した。

1930年5月、日本を離れ、パリに滞在。6月から9月の間に、モンブランマッターホルンなどの岩場を登攀した。1932年に、樺太突岨山を登攀した。1935年京都大学山岳部の白頭山への冬季遠征に記者として参加した。1936年には、1月に石鎚山の冬季初登を成し遂げた。

1959年日本山岳会顧問。第2次RCCの創設時には奥山章に請われて顧問に就任した。

著書[編集]

  • 『岩登り術』(1925年)
  • 『屋上登攀者』(1929年)
  • 『雪・岩・アルプス』(1930年)
  • 『雲表』(1931年)
  • 『アルプス伝説集』(筆名・山上雷鳥、1932年)
  • 『チロル伝説集』(同上、1932年)
  • 『雪線散歩』(1933年)
  • 『雲表縦走』(1935年)
  • 『岳神』(1943年)