藤川利三郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

藤川 利三郎(ふじかわ りざぶろう、1879年明治12年)2月10日[1] - 没年不詳)は、朝鮮総督府官僚。実業家。

経歴[編集]

愛媛県に片山半三の二男として生まれ、藤川文造の養子となった[1]1903年(明治36年)に東京帝国大学法科大学政治科を卒業[2]大韓帝国政府財政顧問、朝鮮総督府書記官度支部税務課長、平安北道長官、慶尚北道知事などを歴任した[1][3]

退官後は四国電力株式会社代表取締役、高松電灯株式会社取締役、朝鮮京南鉄道取締役などを務めた[2]

脚注[編集]

参考文献[編集]

  • 人事興信所編 『人事興信録 第5版』 人事興信所、1918年
  • 原田登編 『帝国大学出身録』 帝国大学出身録編輯所、1922年
  • 校友調査会編 『帝国大学出身名鑑』 校友調査会、1932年