藤崎弘士

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ふじさき ひろし
藤崎 弘士
プロフィール
出身地 日本の旗 日本 三重県安芸郡芸濃町
(現・津市
生年月日 (1971-02-28) 1971年2月28日(46歳)
最終学歴 青山学院大学経済学部卒業
勤務局 NHK松山放送局
部署 放送部アナウンス専任部長
職歴 福井名古屋東京アナウンス室→福井→東京アナウンス室→日本語センター(出向)松山
活動期間 1993年
出演番組・活動
現在 本文参照
過去 本文参照

藤崎 弘士(ふじさき ひろし、1971年2月28日 - )は、NHKアナウンサー

経歴・人物像[編集]

私立三重高田高等学校を経て青山学院大学卒業後、1993年入局。

東京では『爆笑オンエアバトル』の司会を高山哲哉から引き継ぎ、バラエティー担当として売り出される。期間中高山が阿部渉と白組司会を務めた第54回NHK紅白歌合戦のラジオ担当に起用されたが、このときは担当していた『オンバト』出演者が歌手として出場したこともあり、前任者の高山に誘導されるかのようにステージに上がる。直後に女性司会陣にたしなめられるという一幕もあった。

2007年8月の異動で初任地の福井に戻り、のちにアナウンス担当副部長も務めた。本人は当時の福井局公式プロフィールで、新人時代に鯖江出身の女性と結婚したこと、鯖江の妻の実家からの通勤であったことを明らかにしていた。また、福井局のマスコットキャラクター「一福丸(いっぷくまる)」の制作にも関与したという。

アニメ『超時空要塞マクロス』のファンで、2008年12月31日FMで放送され司会を務めた『今日は一日“アニソン”三昧 ファイナル』の『マクロス』特集では『マクロス』への思いを熱く語った。[1]また不定期の特番『渋谷アニメランド』のパーソナリティーとして随時福井から出張する形で参加することもあったほか、2010年3月21日の回では福井からその公開放送を行った。2010年5月5日にFMで放送された『今日は一日“帰ってきたアニソン”三昧 ファイナル』でも司会を務めた。

現在の担当番組[編集]

  • 愛媛県内・四国のニュース
  • ひめポン!(不定期、小澤康喬のキャスター代行など)
  • アナウンス専任部長

過去の担当番組[編集]

※前身の『こんにちは80ちゃんです』も担当。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 松山放送局の公式プロフィールでは超時空要塞の部分が「松山局アナウンサー」、マクロスの部分が「フジサキ」、MACROSSの部分が「HIROSHI」とマクロスのロゴをイメージしている。

外部リンク[編集]

先代:
高山哲哉
(2002年4月~2003年3月)
爆笑オンエアバトル司会者
藤崎弘士
(2003年4月~2005年3月)
次代:
塚原愛
(2005年4月~2007年3月)