藤岡和賀夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

藤岡 和賀夫(ふじおか わかお、1927年11月3日 - 2015年7月13日)は、日本の広告プロデューサー

兵庫県生まれ。3歳から東京で育つ。1950年、東京大学法学部を卒業し、電通に入社。PR局長などを経て1987年に退職、以降はフリープロデューサーとなった[1]。1970年、国鉄のキャンペーン「ディスカバー・ジャパン」をプロデュースし、キャッチフレーズとして着想した「美しい日本と私」を、ノーベル文学賞受賞記念講演として「美しい日本の私」を発表していた川端康成から承諾と揮毫を得て使用した[2][3]。さらに、1978年よりスタートした国鉄のキャンペーン「いい日旅立ち」では、山口百恵同名の歌を歌わせるなど、広告で時代の流れを作った[2]

2015年7月13日、心不全のため死去[4]。87歳没。

著書[編集]

  • 『華麗なる出発 ディスカバー・ジャパン』毎日新聞社 毎日選書 1972
  • 『現代軍師学心得』PHP研究所 1982 「現代プロデューサー心得」PHP文庫
  • 『さよなら、大衆 感性時代をどう読むか』PHP研究所 1984 のち文庫
  • 『さよなら、戦後。 新しい表現社会の誕生』PHP研究所 1987
  • 藤岡和賀夫全仕事』全5巻 PHP研究所
1 (ディスカバー・ジャパン) 1987
2 (モーレツからビューティフルへ) 1988
3 (学びの出発) 1988
4 (南太平洋キャンペーン) 1988
5 (クロースアップ・オブ・ジャパン) 1989
  • 『いい日、ひらめき。 時代の風をどう読むか』講談社 1988
  • 『オフィスプレーヤーへの道』文芸春秋 1989
  • 『時代の先を読む プランナーズ・アイ』PHP研究所 1990
  • 『ニューバリューの時代 そのあけぼの』PHP研究所 1990
  • 『ウォット・タイム・イズ・イット・ナウ いまはどんな時か?』PHP研究所 1992
  • 『日本は黄昏 君ならどうする』PHP研究所 1995
  • 『乱れ籠、七つ プロデューサーの発想法』ダイヤモンド社 1996
  • 『考えて生きる 男の人生ノート』PHP研究所 1998
  • 『あっプロデューサー 風の仕事30年』求龍堂 2000
  • 『直伝寝た子起こし 現代プロデューサー心得帖』祥伝社 2002
  • 『懐かしい日本の言葉ミニ辞典 NPO直伝塾プロデュースレッドブック』正続 宣伝会議 2003-04
  • 『残したいね日本の風景 東北五十色 レッドブック〈絶滅のおそれのある懐かしい日本の風景〉』富田文雄撮影 宣伝会議 2006
  • 『忘れがたき東京 レッドブック〈絶滅のおそれのある懐かしい日本の風景〉』杉全泰撮影 角川学芸出版角川出版企画センター 2008
  • 『私には夢がある 2016年 東京が変わる』PHP研究所 2009

編著[編集]

  • 『「直伝」プロデューサーの誕生』責任編集 日本経済新聞社 1996
  • 『プロデューサーの精神』責任編集 実業之日本社 1997
  • 『プロデューサーの前線』責任編集 実業之日本社 1998
  • 『DISCOVER JAPAN 40年記念カタログ』編著 PHP研究所 2010

[編集]

  1. ^ 『現代日本人名録』2002年
  2. ^ a b 『藤岡和賀夫全仕事』第1巻
  3. ^ 「ディスカバー・ジャパン」の衝撃、再び。(2010年12月27日時点のアーカイブ)『Voice』2010年10月号、PHP研究所
  4. ^ 「ディスカバー・ジャパン」などのフリープロデューサー、藤岡和賀夫氏が死去 産経新聞 2015年7月21日閲覧