藤實久美子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

藤實 久美子(ふじざね くみこ、1964年 - )は、日本の歴史学者。専門は日本近世史。ノートルダム清心女子大学文学部教授。

略歴[編集]

1987年学習院大学文学部史学科卒、1991年同大学院修士課程修了、1994年同博士課程単位取得満期退学、学習院女子短期大学非常勤講師、1997年学習院大学非常勤講師、国文学研究資料館COE非常勤研究員(講師)、学習院大学史料館助手等を経て、2008年現職。2000年日本出版学会賞受賞、2004年学習院大学文学博士

大学時代から都内をはじめとする諸文庫大学図書館公文書館などで武鑑(武鑑は江戸時代に民間書肆から出版された諸大名家の名鑑)の実物調査を行い、武鑑を通じた近世の出版文化史、書籍資料論、書籍文化論を展開している。

著書[編集]

  • 武鑑出版と近世社会 東洋書林 1999
  • 近世書籍文化論 史料論的アプローチ 吉川弘文館 2006
  • 江戸の武家名鑑 武鑑と出版競争 吉川弘文館 2008(歴史文化ライブラリー)

編著[編集]

  • 江戸幕府役職武鑑編年集成 全36巻 深井雅海共編 東洋書林 1996-2000
  • 江戸幕府大名武鑑編年集成 全18巻 深井雅海共編 東洋書林
  • 近世公家名鑑編年集成 深井雅海共編 柊風舎 2009-