藤堂良政

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
藤堂良政
時代 安土桃山時代
生誕 永禄2年(1559年
死没 慶長5年9月15日1600年10月21日
別名 通称:喜左衛門
官位 従五位下玄蕃頭
主君 織田信長豊臣秀吉秀次藤堂高虎
氏族 藤堂氏(玄蕃家)
父母 父:藤堂嘉房、母:藤堂忠高
良連良以良重良次

藤堂 良政(とうどう よしまさ)は、安土桃山時代武将若江八人衆の一人。藤堂高虎従兄弟にあたる。

略歴[編集]

永禄2年(1559年)、藤堂嘉房の子として生まれる。

初め織田信長や羽柴秀吉(豊臣秀吉)に仕え、天正18年(1590年)から秀吉の甥・秀次に仕え三河国西部に2300石の知行を与えられた。文禄3年(1594年)には伏見城の石垣普請で功績を挙げた。

文禄4年(1595年)に秀次事件で秀次が切腹すると、秀吉の命令で従兄弟の藤堂高虎の許に身柄を預けられ、そのまま罪を許されて高虎の家臣となった。慶長5年(1600年)の関ヶ原の戦いでは藤堂隊に従って本戦では石田軍と戦ったが、島清興の長男・信勝(あるいは四男・清正)に討ち取られた。享年42。