藤原豊子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

藤原 豊子(ふじわら の ほうし(とよこ)、生没年不詳)は平安時代中期の女官大納言藤原道綱の娘。大江清通の妻。子に大江定経がいる。従三位典侍

一条天皇中宮藤原彰子に仕えた上臈女房で、のち彰子所生の後一条天皇乳母となった。彰子とは父親同士が兄弟の従姉妹にあたる。女房名は宰相の君、弁の宰相の君、讃岐の宰相の君、美作三位などと称した。紫式部の親しい同僚の一人で『紫式部日記』にもたびたび登場、「絵に描いた姫君のよう」などと言われその美しさを賞賛されている。また同じく彰子に仕えた赤染衛門とも親交があった。