藤原行隆

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
藤原行隆
時代 平安時代後期
生誕 大治5年(1130年
死没 文治3年3月17日1187年4月27日
別名 葉室行隆
官位 正四位下左大弁
主君 美福門院二条天皇安徳天皇
氏族 藤原北家勧修寺流
父母 父:藤原顕時、母:藤原有業
兄弟 行隆盛方盛隆有隆時光、顕運、道顕、藤原是憲室、領子
藤原行兼娘・美福門院女房越前
行房行時行長信空行方
葉室宗行、覚顕、源雅、重喜
テンプレートを表示

藤原 行隆(ふじわら の ゆきたか)は、平安時代後期の貴族葉室行隆とも呼称する。藤原北家勧修寺流権中納言藤原顕時の長男。官位正四位下左大弁

経歴[編集]

初め中宮大進として美福門院に仕え、のちにその養子であった二条天皇に仕えて、永暦元年(1160年五位蔵人長寛3年(1165年左少弁を歴任する。しかし、同年に二条天皇が崩御し、翌永万2年(1166年)二条親政派が瓦解すると行隆は解官されてしまい、以後長年に亘って不遇を託つ。

治承3年(1179年)に平清盛によるクーデター(治承三年の政変)が発生すると、右中弁・平親宗、右少弁・平基親と2名の弁官が解官されたことに伴って、清盛の推挙を受けて左少弁に還任するとともに、安徳天皇の五位蔵人となる(この経緯は平家物語の「行隆之沙汰」の段に詳しい)。その後は、治承5年(1181年従四位下・権右中弁、寿永2年(1183年)右中弁、寿永3年(1184年)左中弁、元暦2年(1185年正四位下・右大弁と弁官を務めながら順調に昇進する。

この間、山城守を務めたほか、養和元年(1181年)には造東大寺長官に任ぜられ、平家南都焼討によって焼失していた東大寺の復興を担当した。造東大寺大勧進職に就いた重源と協力し任務に当たったものの、事業の完成を見ることなく死去していまったことから、重源は生前の行隆の尽力に報いるために、彼の遺族を東大寺領である備前国南北条荘の預所に任じている[1]

文治2年(1186年)左大弁として弁官の筆頭に昇るも参議には任ぜられず、下僚の右大弁・九条光長が先に参議となっている。翌文治3年(1187年)3月17日卒去享年58。最終官位は左大弁正四位下兼造東大寺長官。

官歴[編集]

『弁官補任』による。

系譜[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 「重源譲状」(『鎌倉遺文』2-920)
  2. ^ a b 『蔵人補任』

参考文献[編集]