藤原美子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
藤原 美子
(ふじわら よしこ)
誕生 1955年
アメリカ合衆国プリンストン
職業 心理学者カウンセラー翻訳家エッセイスト
最終学歴 お茶の水女子大学修士課程修了
活動期間 1984年 -
ジャンル エッセイノンフィクション
デビュー作月の魔力』(1984年)
配偶者 藤原正彦(夫)
子供 3人
親族 田丸謙二(父)、大山秀子(双子の姉)、メイ牛山(親戚)
テンプレートを表示

藤原 美子(ふじわら よしこ、1955年 - )は、アメリカ合衆国プリンストン生まれの心理学者カウンセラー翻訳家エッセイストお茶の水女子大学修士課程修了。ハリウッド大学院大学教授、筑波大学附属視覚特別支援学校講師。専攻は発達心理学。夫は藤原正彦、父は化学者の田丸謙二、双子の姉は大山秀子メイ牛山は親戚。

エピソード[編集]

映画「劔岳 点の記」(木村大作監督)の原作者は義父の作家新田次郎である。映画撮影に入る前、監督と会った際、「3人の息子をどこかエキストラ出演させてもらえないか」とお願いしたところ、「陸軍測量部員のエキストラならいいが、頭を坊主にしなければならない」と条件を出された。このことを息子達に相談したところ、「おじいちゃんの映画のためなら」と了承したという。 また、監督に「美子さんも出てみないか」と誘われ、役所広司扮する古田盛作の妻役として出演している。

著作[編集]

図書[編集]

  • 『子育てより面白いものが他にあるだろうか 三人の息子と私』海竜社、1997年1月。ISBN 4-7593-0491-6
  • 『我が家の流儀 藤原家の闘う子育て』集英社〈集英社文庫〉、2007年12月。ISBN 978-4-08-746247-0
  • 『家族の流儀 藤原家の褒める子育て』集英社〈集英社文庫〉、2008年6月。ISBN 978-4-08-746309-5
  • 夫の悪夢』文藝春秋、2010年4月22日。ISBN 978-4-16-372470-6 - 立ち読み
  • 「「もし」の世界で」『散歩とカツ丼日本エッセイスト・クラブ 編、文藝春秋〈文春文庫 編11-28 '10年版 ベスト・エッセイ集〉、2013年10月10日。ISBN 978-4-16-743428-1 - 立ち読み

共著[編集]

翻訳[編集]

記事[編集]

外部リンク[編集]