藤原範光

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

藤原 範光(ふじわら のりみつ、仁平4年(1154年) - 建暦3年4月5日1213年4月27日))は、平安時代末期から鎌倉時代初期にかけての公卿従二位権中納言

経歴[編集]

幼くして父範兼を失い、姉妹の範子兼子とともに、父の弟で父の養子となっていた範季に引き取られ育てられる。長寛2年(1164年)、文章得業生となる。承安2年(1172年)、叙爵。紀伊守下野守を経て、寿永元年(1182年)従五位上正五位下、寿永2年(1183年)には紀伊守となる。建仁元年(1201年)従三位、建仁2年(1202年)参議、建仁3年(1203年)検非違使別当、権中納言元久2年(1205年)民部卿、従二位となる。元久3年(1206年)東宮権大夫。建永2年(1207年)3月15日出家。

建暦3年(1213年)4月5日、60歳で薨去。

系譜[編集]

  • 父:藤原範兼
  • 母:式部大輔源俊重の娘
  • 妻:藤原季子 - 藤原範季の娘
    • 長男:藤原範朝(1178-1237)
    • 二男:範基(1179-1226)
  • 生母不明
    • 男子:光実
    • 男子:成範
    • 男子:清範
    • 男子:承性
    • 男子:円憲
    • 男子:静範
    • 男子:遍兼
    • 男子:能範
    • 女子:兼子 - 外山良平室、高実母
    • 女子:憲子(岡前別当三位)(?-1239) - 源有雅室、順徳天皇乳母
    • 女子:光子(按察使典侍坊門局)
    • 女子:督典侍 - 久我通光室、通忠母
    • 女子:藤原輔平室、教信母

参考文献[編集]