藤原理恵

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ふじわら りえ
藤原 理恵
プロフィール
生年月日 1970年2月5日
現年齢 48歳
出身地 日本の旗 日本 岡山県
血液型 A型
公称サイズ(時期不明)
身長 / 体重 163.5 cm / kg
靴のサイズ 24.5 cm
活動
他の活動 舞台演出助手・ダンス講師
モデル: テンプレート - カテゴリ

藤原 理恵(ふじわら りえ、1970年2月5日 - )は、日本の女性タレントである。元アイドル歌手。かつての女性グループ 『C.C.ガールズ』のひとりとしても知られる。

経歴[編集]

1984年昭和59年)、ミス・セブンティーンコンテストに応募し、応募総数コンテスト最大18万325人の中から準ミスとなる。コンテストライバルには渡辺美里工藤静香国生さゆりなどがいた。これがきっかけで1985年3月21日に「エピックソニーのファーストキス」というキャッチフレーズで、エピックソニーよりテレビアニメ『超獣機神ダンクーガ』の主題歌「愛よファラウェイ」で歌手デビューする。

『超獣機神ダンクーガ』では声優として出演。藤原が演じた「ローラ・サリバン」はストーリー上重要なキャラクターであることを窺わせる描写がたびたび見られたが、打ち切りのためそうした伏線は回収されず、マスコット的な立場に留まることになった。さらに続編『超獣機神ダンクーガ GOD BLESS DANCOUGA』では、作品の音楽を担当するレコード会社が藤原の所属していたエピックソニーからキングレコードに変更されたため、声優が笠原弘子に変更となり、『超獣機神ダンクーガ 白熱の終章』に至ってはまったく出番が無いという、不遇の扱いを受けることになってしまった。

ローラ役について「恥ずかしい過去」といった表現で話したことがあるらしく、そのためアニメに関わる仕事を嫌っていたなどと邪推する向きもあったようだが、本人がブログで「アニメはむしろ好き。子供の頃の自分の声と演技が恥ずかしいだけ」と語っている。

アイドル歌手(個人) → セクシーグループ(C.C.ガールズ) → ロックユニット(Rie ScrAmble)を経て、現在は舞台演出助手、ダンスインストラクター、振付師として活動中。

人物[編集]

1970年昭和45年)生まれ。岡山県出身。5歳からクラシックバレを始め、名門女子中学へ入学。コンテストをきっかけに芸能界入り。東京都立代々木高等学校夜間部中退。東海大学付属望星高等学校卒業。凡ゆるダンスの習得を続け、芸能活動後も舞台のクリエイターとして活躍。既婚であり、夫はテレビディレクターで映画監督のタカハタ秀太

出演[編集]

テレビドラマ[編集]

テレビアニメ[編集]

OVA[編集]

映画[編集]

  • 原宿デニール(2015年)- 麻美の母親役

シングル[編集]

藤原理恵名義
  1. 愛よファラウェイ(1985年3月21日)
    ※A面の「愛よファラウェイ」はTBS系テレビアニメ『超獣機神ダンクーガ』のOP主題歌、いけたけしによるB面の「バーニング・ラヴ」も同じく超獣機神ダンクーガのED主題歌として使用された。
  2. ハーモニーラヴ(1985年7月21日)
    ※A面の「ハーモニーラヴ」はTBS系テレビアニメ『超獣機神ダンクーガ』の挿入歌として使用された。
  3. ほんとのキスをお返しに(1985年10月21日)
    • ほんとのキスをお返しに - 作詞:冬杜花代子/作曲:古本鉄也/編曲:戸塚修
    • いたずら好きなそよ風 - 作詞:松井五郎/作曲:中崎英也/編曲:新川博
    ※A面の「ほんとのキスをお返しに」はTBS系テレビアニメ『超獣機神ダンクーガ』の新OP主題歌、及びOVA超獣機神ダンクーガ 失われた者たちへの鎮魂歌』のOP主題歌として使用された。
  4. 悪いのはマガジン(1986年4月21日)
    ※B面の「ディアダンサー」はOVA『超獣機神ダンクーガ 失われた者たちへの鎮魂歌』の挿入歌として使用された。
Rie ScrAmble名義
  1. 文句があるなら来なさい!(1996年10月18日)
  2. ダメなのか!?(1997年1月8日)
  3. ALIVE〜生きるって〜(1997年5月16日)
  4. KISS MODE(1997年7月18日)

アルバム[編集]

(→既に3回目のアンコールプレスが行われる大ヒット作品となっている。)

  1. 青春したい
  2. ハーモニーラヴ
  3. ほんとのキスをお返しに
  4. さよなら Wanna be
  5. クリスマス物語(ロマンス)
  6. 恋人をつかまえる8つの条件
  7. いたずら好きなそよ風
  8. 愛よファラウェイ
  9. かくれんぼ
  10. 海の妹
  11. 夢色 My Lover(ボーナストラック - オーダーメイド盤)
  12. ディア ダンサー(ボーナストラック - オーダーメイド盤)
  13. 悪いのはマガジン(ボーナストラック - オーダーメイド盤)
  • SCRAMBLE(Rie ScrAmble)

演出助手[編集]

  • NEW ENTERTAINMENT「CLUB SEVEN」 2nd〜6th (2003〜2010)玉野和紀 作演出
  • ミュージカル「THE TAP GUY」(2007,2008)玉野和紀 作演出
  • 志村けん一座「志村魂」(2010〜2016) ラサール石井演出
  • 東京ヴォードビルショー「トノに降る雨」シアタートラム(2012)ラサール石井 演出
  • 人情喜劇「あおげば」中野てあとるBONBON(2012)大森ヒロシ 演出
  • [ロンドンハーツ] パンサー尾形・主演ミュージカル「リフティング・マイ・ドリーム〜夢のツヅキ〜」AiiA theater(2013)富田昌則 演出
  • 横山剣 大座長公演「赤いマイクのあんちくしょう」(2013)ラサール石井 演出
  • 「勝手にドルフェス!」(2013)ステラボール 富田昌則 演出
  • 「プレゼント◆タイム ~僕たちのクリスマスパーティーへようこそ~」博品館(2013)富田昌則 演出
  • 昭和文学演劇集 第三弾 横溝正史原作「蝶々殺人事件」紀伊國屋サザンシアター(2014)石井幸一 演出
  • ステッカープロデュース公演「コンプレックス★ステッカー」エコー劇場(2014年)タカハタ秀太 演出
  • 東京ヴォードヴィルショー「トノに降る雨」再演 東北公演(2014年)ラサール石井 演出
  • 伊東四朗生誕?! 77周年記念「吉良ですが、なにか?」下北沢本多劇場(2014年)ラサール石井 演出
  • MUSICAL「SAMURAI」天王洲銀河劇場(2015)上島雪夫 演出
  • 昭和文学演劇集 第四弾 江戸川乱歩 原作「孤島の鬼」赤坂RED THEATER(2015)西沢栄治 演出
  • ミュージカル「テニスの王子様」 3rdシーズン 青学VS聖ルドルフ TDCホール他(2015)上島雪夫 演出
  • 「仮面ティーチャー・ミュージカルSILVER MASK」Zeep ブルーシアター(2015)赤沢ムック 演出
  • ミュージカル「Heads up!」(2015)ラサール石井原案・演出
  • ミュージカル「テニスの王子様」 3rdシーズン 青学VS山吹 TDCホール/他(2015〜2016)上島雪夫 演出
  • 「ダイヤのA The LIVE2」銀河劇場/他(2016)浅沼晋太郎 演出
  • ミュージカル「テニスの王子様」コンサートDream Live2016 上島雪夫 演出
  • ミュージカル「テニスの王子様」 3rdシーズン 青学VS氷帝 TDCホール/他(2016)上島雪夫 演出
  • ブロードウェイミュージカル「SWEET CHARITY」(2016)上島雪夫 演出
  • THE CONVOY SHOW VOL.32 「asiapan」赤坂ACTシアター/他(2017)今村ねずみ 演出
  • 「ダイヤのA The LIVE4」シアター1010/他(2017)浅沼晋太郎 演出

振付・振付助手[編集]

  • 「Brillante-ブリランテ永遠の輝き」近鉄劇場(2002)振付
  • 「カワニナ」青山円形劇場 (2002)振付・出演
  • Umekichi-腰元ダンサーズ(2004)振付
  • CM「ハウス・こくまろカレー」(2006)マリオネット振付
  • JRA-VAN プロモーションvideo(2006)振付
  • 宝塚歌劇宙組公演「NEVER SLEEP」(2007)TAP振付助手
  • 松坂慶子の朗読しばい~楽劇「天守物語」(2008)オープニングHIPHOP振付
  • 宝塚歌劇団宙組公演「雨に唄えば」(2008)TAP振付助手
  • 「志村魂」(2010〜2013)TAP 振付助手
  • 東京ヴォードヴィルショー「トノに降る雨」再演 (2014)振付
  • 「RISING SUN ROCK FESTIVAL 2016 in EZO」安全地帯with C.C.ガールズ(2015)振付・出演
  • 「FREEDOM aozora 2015 淡路島」安全地帯with C.C.ガールズ(2015)振付・出演
  • ミュージカル「Heads up!」(2015)TAP振付
  • 連載40周年特別企画 舞台版「こちら葛飾区亀有公園前派出所」(2016)TAP振付・指導

宣伝美術[編集]

  • NEW ENTERTAINMENT「CLUB SEVEN」 2nd〜5th (2003〜2009年)
  • 「THE TAP GUY」博品館劇場 (2007,2008年)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]