藤原玄上

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
 
藤原玄上
時代 平安時代中期
生誕 斉衡3年(856年
死没 承平3年正月21日933年2月18日
官位 従三位参議
主君 清和天皇陽成天皇光孝天皇宇多天皇醍醐天皇朱雀天皇
氏族 藤原南家
父母 父:藤原諸葛、母:百済王勝義の娘
安倍氏
輔仁、娘(保明親王妾)、娘(式明親王藤原敦忠藤原文範室)、娘(源忠幹室)
テンプレートを表示

藤原 玄上(ふじわら の はるうら/ はるかみ/ くろかみ)は、平安時代前期から中期にかけての公卿藤原南家中納言藤原諸葛の五男。

経歴[編集]

刑部丞蔵人を経て、寛平2年(890年備前権介に転じると、のち上総介次いで権守と宇多朝後半は地方官を歴任し、この間の寛平5年(893年従五位下叙爵している。

宇多朝末の寛平9年(897年)に中務少輔として京官に復帰すると、延喜4年(904年)従五位上、延喜9年(909年)に正五位下、延喜11年(911年)に従四位下醍醐朝前半に順調に昇進を果たす。近衛中将を経て、延喜19年(919年参議刑部卿に任じられ公卿に列す。その後は長く議政官として刑部卿を兼帯し、この間の延長2年(924年正四位下に叙せられている。

朱雀朝の承平2年(932年従三位に昇進するが、翌承平3年(933年)正月21日薨去享年78。最終官位は参議従三位行刑部卿。

人物[編集]

管絃に優れ、琵琶の名手とされるとともに、和琴の名器「玄上(玄象)」は玄上の持物であったという[1]

官歴[編集]

公卿補任』の記載に従う。

系譜[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『拾芥抄』
  2. ^ ユリウス暦では2月23日
  3. ^ ユリウス暦では889年1月20日
  4. ^ ユリウス暦では2月21日
  5. ^ ユリウス暦では4月2日
  6. ^ ユリウス暦では5月15日
  7. ^ ユリウス暦では2月11日
  8. ^ ユリウス暦では10月15日
  9. ^ ユリウス暦では9月8日
  10. ^ ユリウス暦では3月2日
  11. ^ ユリウス暦では2月24日
  12. ^ ユリウス暦では1月25日
  13. ^ ユリウス暦では2月11日
  14. ^ ユリウス暦では1月27日
  15. ^ ユリウス暦では2月17日
  16. ^ ユリウス暦では2月3日
  17. ^ ユリウス暦では2月8日
  18. ^ ユリウス暦では8月16日
  19. ^ ユリウス暦では3月6日
  20. ^ ユリウス暦では5月23日
  21. ^ ユリウス暦では2月10日
  22. ^ ユリウス暦では9月29日
  23. ^ 貞信公記』延喜14年9月7日条
  24. ^ ユリウス暦では5月2日
  25. ^ ユリウス暦では2月1日
  26. ^ ユリウス暦では3月3日
  27. ^ ユリウス暦では7月2日
  28. ^ ユリウス暦では2月22日
  29. ^ ユリウス暦では5月17日
  30. ^ ユリウス暦では2月14日
  31. ^ ユリウス暦では3月8日
  32. ^ ユリウス暦では2月25日
  33. ^ ユリウス暦では2月16日
  34. ^ ユリウス暦では2月15日
  35. ^ ユリウス暦では2月29日
  36. ^ ユリウス暦では2月18日
  37. ^ 『大鏡』第2巻,左大臣時平による。『尊卑分脈』では、式明親王室がのちに敦忠室となったとする。

参考文献[編集]

  • 『公卿補任 第一篇』吉川弘文館、1982年
  • 『尊卑分脈 第二篇』吉川弘文館、1987年