藤原栄子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
藤原 栄子
生誕 (1948-07-26) 1948年7月26日(70歳)
日本の旗 日本静岡県浜松市
国籍 日本の旗 日本
職業 漫画家
活動期間 1965年 -
ジャンル 少女漫画
代表作うわさの姫子』シリーズ
テンプレートを表示

藤原 栄子(ふじわら えいこ、1948年[要出典]7月26日[1] - )は、日本の女性[1]漫画家静岡県浜松市出身[1]

概要[編集]

高校生の時から横山まさみちが主催する横山プロダクションに所属し、高校1年生の1965年(昭和40年)に短編でデビュー1967年(昭和42年)には単行本『三つの愛の物語』を発表した。師匠である横山まさみちは、彼女の紹介でその才能を絶賛している。

その後、集英社の『マーガレット』を中心に作品を掲載し、人気作家の一人となった。1974年(昭和49年)には小学館の学年別学習雑誌に『うわさの姫子』シリーズの連載を開始、10年以上掲載され彼女の代表作となった。平成になってからは作品数が激減し、『姫子』シリーズの続編を単発的に発表するに留まっている。

作品リスト[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c まんがseek・日外アソシエーツ共著『漫画家人名事典』日外アソシエーツ、2003年2月25日初版発行、ISBN 4-8169-1760-8、327頁

関連項目[編集]