藤原明衡

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

藤原 明衡(ふじわら の あきひら、永祚元年(989年)? - 治暦2年10月18日1066年11月8日))は平安時代中期の儒学者文人藤原式家、山城守藤原敦信の子。従四位下右京大夫。字は耆莱(きらい)・安蘭(あんらん)。

元々儒家の出身でないことから対策文章得業生となるための試験)に合格するのに歳月を要し、1032年長元5年)にようやく合格し左衛門尉に任命された、対策制度の因習をにがにがしく思い、後輩に対策の答えをひそかに教え二度にわたり罰せられたこともある。その後、後冷泉天皇朝にて式部少輔文章博士東宮学士大学頭などを歴任し、従四位下に至った。

詩文に秀で『本朝文粋』『本朝秀句』を編修し、『新猿楽記』『明衡往来』などを著している。

系譜[編集]

参考文献[編集]

  • 黒板 勝美、国史大系編修会『国史大系 尊卑分脉 第二編』吉川弘文館、1987年(系譜セクションの出典)
  • 『御曹司たちの王朝時代』