藤原忠成

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
藤原忠成
時代 平安時代後期
生誕 寛治5年(1091年
死没 保元3年(1158年)10月
官位 正五位下民部大輔
主君 鳥羽天皇崇徳天皇近衛天皇後白河天皇二条天皇
氏族 藤原北家長家流(御子左流
父母 父:藤原俊忠、母:藤原敦家
兄弟 忠成忠定公長俊成俊定、快修、禅智、仁助、寛豪、尊忠、晴忠、頼俊、頼仁、禅寿、仁証、寛叡、 俊海、忠海、豪子、藤原伊通室、藤原師綱室、俊子、藤原光房室、忠子、藤原顕頼室、
藤原知通
源季忠
光能惟綱、昌雲、重慶、
徳大寺公能妾、以仁王妾、持明院基宗
テンプレートを表示

藤原 忠成(ふじわら の ただなり)は、平安時代後期の貴族藤原北家御子左流、権中納言藤原俊忠の子。官位正五位下民部大輔

経歴[編集]

鳥羽崇徳近衛後白河二条の5帝に仕え、久安3年(1147年民部大輔に任ぜられるが官位には恵まれず正五位下・民部大輔止まりであったが、子・光能参議に昇っている。他に少納言治部少輔も務めた。

系譜[編集]

出典[編集]