藤原師兼

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

藤原 師兼(ふじわら の もろかね、永承3年(1048年) - 承保3年3月2日1076年4月7日))は、平安時代後期の公卿藤原北家中御門流右大臣藤原俊家の二男。官位正四位下参議

経歴[編集]

康平4年(1061年従五位下侍従に叙任される。康平5年(1062年)3月右近衛少将。康平6年(1063年)1月従五位上に叙され、2月左少将に転じて美作権介を兼任。康平8年(1065年)1月に正五位下治暦3年(1067年)7月右中将に遷り、12月正四位下に昇叙した。延久元年(1069年)8月左中将に遷る。延久6年(1074年)1月伊予介を兼ね、12月に27歳で参議に任ぜられて公卿に列した。承保2年(1075年)1月伊予権守を兼ねるが、翌承保3年(1076年)数ヶ月籠居ののち卒去。享年29。

系譜[編集]