藤原寛子 (藤原忠平女)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

藤原 寛子(ふじわら の かんし/ ひろこ、延喜6年(906年) - 天慶8年1月18日945年2月8日))は、太政大臣藤原忠平の次女。重明親王妃。

延長7年(929年)に徽子女王、天慶5年(942年)に悦子女王を産む。天慶8年(945年)夫に先立ち40歳で死去、これにより当時伊勢斎宮の任にあった娘徽子女王は斎宮を退いた。