藤原宗重

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
藤原宗重
時代 平安時代後期
生誕 寛治5年8月19日1091年10月4日
死没 天承元年10月11日1131年11月2日
官位 従五位上刑部少輔または治部大輔
主君 堀河天皇鳥羽天皇崇徳天皇
氏族 藤原北家中御門流松木家
父母 父:藤原宗忠
兄弟 宗能宗成、覚晴、宗重藤原宗輔室、徳大寺実能室、源憲俊室、源顕国
源基俊
行禅、宗覚、女子二人
テンプレートを表示

藤原 宗重(ふじわら の むねしげ)は、平安時代後期の公家藤原北家中御門流右大臣藤原宗忠の四男。官位従五位上刑部少輔または治部大輔

経歴[編集]

長治3年(1106年)正月10日、父・宗忠の加冠により元服従五位下叙爵(『中右記』)。天永2年(1111年)7月に源基俊の娘と婚姻する。

その後、刑部少輔に任ぜられるが、天承元年(1131年)10月11日、害に遭い殺害された(『百錬抄』、『時信記』)。享年41。極位は従五位上。

系譜[編集]

出典[編集]