藤原季成

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
藤原季成
時代 平安時代後期
生誕 康和4年(1102年
死没 長寛3年2月1日1165年3月14日
別名 加賀大納言
官位 正二位権大納言
主君 鳥羽天皇崇徳天皇近衛天皇後白河天皇二条天皇
氏族 藤原北家閑院流
父母 父:藤原公実、母:藤原通家
兄弟 藤原経実室、実隆三条実行、公子、
通季仁実徳大寺実能璋子季成実兼 、覚源、実子、源有仁室、済実、
藤原家政
藤原顕頼
公光公長源雅兼室、藤原実国室、
少将基家室、成子
テンプレートを表示

藤原 季成(ふじわら の すえなり)は、平安時代後期の公卿藤原北家閑院流権大納言藤原公実の七男。官位正二位権大納言。加賀大納言と号す。

官歴[編集]

系譜[編集]

成子は後白河天皇の寵妃となり、守覚法親王以仁王亮子内親王(殷富門院)、式子内親王好子内親王休子内親王といった皇子女を儲けた。