藤原基史

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

藤原 基史(ふじわら もとふみ、1963年11月2日 - [1])は、株式会社ゲームフリークに所属しているグラフィックデザイナーポケットモンスターシリーズの開発に初代から関わっている。

来歴[編集]

ゲームフリーク創設期からのメンバーで、森本茂樹と同時期に入社した。観察力、描写力に長じ、『マリオとワリオ』、『パルスマン』などで背景グラフィックの製作を担当した[2]

本社におけるグラフィックのデザイン以外にも、ボウリングのスコアボードに表示されるアニメーションCGを描いたり、森本茂樹と共に『ひとりでできるもん』で使用されたCGの描写に関わったりした。それらの副業で得た収益は当時不安定であったゲームフリークの資金を潤わせた。

藤原のデザインしたポケモンは、愛嬌のあるポケモンに仕上がっていることが多いという[2]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 任天堂公式ガイドブック マリオとワリオ めざせ!5冠王 141ページ
  2. ^ a b 「ゲームフリーク」110ページ

参考文献[編集]