藤原千古

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

藤原 千古(ふじわら の ちふる/ちこ、生没年不詳)は、平安時代右大臣藤原実資の娘。母親は不明であるが、義弟である源頼定乳母の娘と言われている[1]

生涯[編集]

生年は不詳であるが、万寿元年12月13日1025年1月15日)に当時の貴族女性の成人の儀式に相当する着裳が行われており、当時の着裳が14歳前後数年のうちに行われていたことから、寛弘8年(1011年)頃の出生と推定されている。

父親の実資は天徳元年(957年)生まれであることから、50歳過ぎにして漸く出来た娘[2] ということになり、非常にこれを溺愛した。『大鏡』によれば、彼女に「かぐや姫」と愛称を付けたされる。また、寛仁3年12月9日1020年1月6日)には処分状を作成して、小野宮家に伝わる荘園などの財産の殆どを千古に継承させ、「道俗子等一切不可口入」と宣言して、養嗣子資平(甥)や僧侶にしていた庶子良円には殆ど財産を残さなかった[3]

実資は千古を天皇の妃にすることを望んだが、表面上は実資に敬意を払いつつもその政治力の拡大を恐れる藤原道長頼通父子の前に入内を阻まれた。その後、実資は正妻を亡くしていた道長の子・長家の後妻にしようと図り、道長の了承を得るが長家がこれを拒絶したため、縁談は破談となった[4]。その後、道長の孫である藤原兼頼頼宗の子)の妻になったと伝えられている(『栄花物語』)。その後、兼頼との間にを儲けたが、長暦2年(1038年)頃に父・実資よりも先に没した。結果的には、道長ら九条流の最大の競争相手であった小野宮流の財産の殆どが九条流(正確には道長の御堂流)に入ることとなり、経済的基盤を失った小野宮流は院政期には没落して事実上消滅することになった。

脚注[編集]

  1. ^ 『大鏡』には「頼忠の宰相の乳母子」とされているが、当時「頼忠の宰相」に該当する人物はいないため、誤記と考えられている。
  2. ^ 他にも子女はいたが、全て早世か母親の身分が低すぎるために後継者としては認められず、早いうちに出家させている。
  3. ^ ただし、「官文書・累代要書・御日記」は千古が男子を産んだ場合にその男子に継承させるとしている。これらは官途に就いた男子が公務の資料に用いるもので千古自身の役に立つものではなかったからである(松薗斉『日記の家 中世国家の記録組織』(吉川弘文館、1997年)P109・115)。結果的に千古は男子を産まなかったことから、『小右記』をはじめとする文書類は小野宮家の末裔に継承されることになる。
  4. ^ 黒板伸夫『藤原行成』(吉川弘文館 人物叢書、1994年)P225-226・252-253

参考文献[編集]

  • 加納重文「藤原千古」(『平安時代史事典』(角川書店、1994年) ISBN 978-4-04-031700-7
  • 高松百香「藤原千古」(『日本女性史大辞典』(吉川弘文館、2008年) ISBN 978-4-642-01440-3