藤原伊勢人

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
藤原伊勢人
時代 奈良時代後期 - 平安時代初期
生誕 天平宝字3年(759年
死没 天長4年3月13日827年4月12日
官位 従四位下治部大輔
主君 桓武天皇平城天皇嵯峨天皇淳和天皇
氏族 藤原南家
父母 父:藤原巨勢麻呂
兄弟 黒麻呂長川、弓主、真作今河
河主、川合、真書、伊勢人貞嗣
瀧麿、主後、広河
友永
テンプレートを表示

藤原 伊勢人(ふじわら の いせんど)は、奈良時代後期から平安時代初期にかけての貴族藤原南家参議藤原巨勢麻呂の七男[1]官位従四位下治部大輔

経歴[編集]

延暦15年(796年)、かねてから一堂を建て観音を祀りたいと祈願していたところ、霊夢の託宣により鞍馬山に導かれ、同地に毘沙門天像が祀られているのを発見。さらに再度の霊夢により、観音と毘沙門天の同一なることを告げられ、これに深く感銘を受けて同地に伽藍を建立した。これが現在の鞍馬寺の起源となったと伝わる。また同年に桓武天皇により造東寺長官に任命され、東寺を建立したともされている。

延暦15年(796年)阿波守を経て、延暦22年(803年従五位下叙爵

延暦25年(806年平城天皇の即位後間もなく安芸守として地方官に転ずる。大同4年(809年斎宮頭に任ぜられ京官に復す。

同年嵯峨天皇の即位後に従五位上に昇叙され、翌弘仁2年(811年右中弁に栄転するが、弘仁3年(812年)には早くも因幡守に転じている。弘仁11年(820年正五位下、弘仁13年(822年従四位下と嵯峨朝末になってから俄に昇叙された。

淳和朝の天長4年(827年)卒去。享年69。最終官位は散位・従四位下。

人物[編集]

性格は几帳面で政務に熟練していた。小作人のような洗練されていないところがあり、やや世情に疎かった。勤務に精励したが、極めて寛容さに欠け、同僚を困らせることがあったという[1]

官歴[編集]

注記のないものは『六国史』による。

系譜[編集]

  • 父:藤原巨勢麻呂
  • 母:不詳 - 出自は不明だが、『尊卑分脈』によると川合・真書・伊勢人は同母兄弟であるとされる。
  • 妻:不詳
  • 生母不明の子女
    • 男子:藤原友永

脚注[編集]

  1. ^ a b 日本後紀』天長4年3月13日条
  2. ^ 『尊卑分脈』

出典[編集]